無題
4月20日(木)
≪シバザクラ・花言葉=合意≫




ほんの小さな出来事に 愛は傷ついて 君は部屋をとびだした 真冬の空の下に 編みかけていた手袋と洗いかけの洗たくもの シャボンの泡がゆれていた 君の香りがゆれてた 絶えまなく降りそそぐ この雪のように 君を愛せばよかった 窓に降りそそぐ この雪のように 二人の愛は流れた「サボテンの花」

1週間ほど掃除を怠っていたら落葉が散乱していた。集落のお守り地蔵=お弘法さんである。掃き清めて花芝をお供えして般若心経を読経して1日の始まりであった。社民党の新聞「社会新報」を配り終えて8時に喫茶店へ直行。ナカヂ時計店主・中路邦男さんとのモーニングコーヒータイムである。毎週水曜日、よくもまあ続くもんである。「毎週毎週あんたたちは何を話しよっとね。恋人同士でもあるまいに・・・」とは中路さんの奥さん談話。

昨日のテーマは「少数派」「弱者」。最近、とみに市民相談が多くなったと僕が開口一番。それがきっかけであった。つまり僕が議員になって果たす役割が、そういう困った人の相談にのることではないかと。僕は議会では「一人会派」。社民党は外の市議会では民進党や無所属の議員と同じ会派を構成しているところも多い。8年前、初当選したときは僕もそうだった。当時の民主党と組んだ。ところが、諫早湾干拓への対応が「離縁」のきっかけとなった。「離縁状」を突きつけられた。

議員が政治信条を譲ってしまえば存在価値はない。「おかしいと思うこと、正しいと思うこと、そんな時はたった一人でも毅然と立ち上がり闘う」というのが僕の心情。中路邦男さんが諫早湾干拓に反対する行動をたった一人で貫いた。そんな行動から学んだ。

障害のある方など「社会的弱者」と言われる人々も少数派であり貧困であることが多い。そういう人々を代表して議会に送り込んでもらったと自負している。少数派=社会的弱者と同じ立ち位置に居ることを僕は厭わない。

振り返ってみれば生い立ちからそうであった。「母子家庭」「生活保護」「少数派労働組合」「一人会派」「社民党」。なんでも経験してきたように思う。それが今の議員活動にとても役に立っている。

そんな僕を中路邦男さんは温かく見守ってくれている。「仙人さん何時?」。9時を回っていた。話は尽きることはない。明日から東日本被災地・福島、宮城を視察・研修することをお伝えして散会した。

≪日々精進≫
独居高齢者宅を2軒訪問して出勤。市役所階段を9階まで歩く。来週の「月曜の声」は参加できないので7つ道具をナカヂ時計店にお預け。島崎藤村の本を返却して「沈黙」(遠藤周作)を借りる。独居御婦人に届ける。電話がひっきりなし(市民相談対応。市議会議長選挙が騒がしい)。夕方は忙中閑あり。Aさんと将棋対局2勝2敗の痛み分け。夜は手話サークル総会。家に帰り着いたのは22時。『夜と〇〇には弱い』仙人であった。
テーマ : ブログ | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
larksper_tan01.jpg
4月19日(水)
≪千鳥草・花言葉=信頼≫


星は何でも 知っている ゆうべあの娘が 泣いたのも かわいいあの娘の つぶらな その目に光る 露のあと 生まれて初めての 甘いキッスに 胸がふるえて 泣いたのを

さしずめ♬虫は何でも知っているという感じであった。諫早湾干拓開門差し止め訴訟判決の一夜明けた諫早湾干拓堤防を視察した。
僕は以前から開門するか、本明川と諫早湾を断ち切るのではなくつながらなければならないという持論を展開してきた。それを更に確信した視察であった。観てほしい。
IMG_1963.jpg
IMG_1962.jpg
IMG_1961.jpg
これは、20年前干拓閉め切り以降、諫早市が名所として観光客を誘致しようとしていた干拓堤防中央展望所付近のユスリカの実態である。目を開けるのもはばかられるようにまとわりついてくる。マイカーの窓を開けていたら車内にもたくさん飛び込んできた。
つまり、多良岳の豊富な栄養分が本明川を伝って調整池に日々流れ込んでくる。ここで堰き止められているので腐ってしまう。調整池の水が腐ってユスリカが大繁殖しているのである。
IMG_1959.jpg









これを観てほしい。干拓堤防道路を挟んだ水の色・一目瞭然。20年間、下水道整備など色々と対策をやっても一向に改善されない水質。汚れきって腐れきっている。
IMG_1958.jpg
IMG_1955.jpg



















北部排水門のところにはこんな碑文があった。
IMG_1957.jpg
やっと、ここまでたどり着いたという意味だろうか?。あれから20年。国の無責任な態度に地元民は翻弄され続けている。更に、地元では腐りきった調整池を今後、どうしていけばいいのか、川と海をつなぐ以外に方法があるなら教えてほしい。秀才ぞろいの農水省の官僚のみなさんたち。僕は、こんな「負の遺産」を子や孫たちには引き継げない。開門反対・賛成を言う前にこの現実をしっかり見てほしいと思った。
テーマ : 今日のブログ | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
rengeso01.jpg
4月18日(火)
≪レンゲソウ・花言葉=心のやすらぎ≫



「やさしくしないで」君はあれから新しい別れを恐れている 君の心がそっと揺れ始めている 愛を止めないでそこから逃げないで 甘い夜は一人でいないで 君の人生がふたつに分かれてる そのひとつが真っすぐに僕の方へ なだらかな明日への坂道を駆け上って いきなり君を抱きしめよう 愛を止めないでそこから逃げないで 眠れぬ夜はいらない ここへおいで くじけた夢をすべてその手に抱えたままで「愛を止めないで」(小田和正)

IMG_1951.jpg
市役所に着くと深呼吸して9階までの階段を歩いて昇る。議員の中では僕だけ。市職員含めても毎日9階まで階段を昇る人はおそらく僕だけだと思う。
IMG_1952.jpg
確かにきつい。途中で休憩することも、ままある。でも、自分自身に言い含めていることがある。僕の議員活動の戒めでもあるのだが、市民の皆さんの要望にお応えすることはそんなに簡単なことではない。「日々精進を怠るな」という戒めである。つまり、疲労困憊をいとわない。知識も必要だから読書もする。

階段を登るときはきつい。でも、僕に相談したり頼ってこられる市民は、日々の暮らしに困ったり障害や病気があったりで、ちょうど僕が階段を昇っているような「青息吐息」の状態なんだろうと思う。毎月、4件~5件は市民相談を受け付ける。やっとかっとで9階の議場にたどり着く。そして思う。「一番市民に近い議員でありたい・・・」と。

階段で、いろんなひとと会う。会話する。昨日は「掃除のおばさん」との会話。僕は職業によって人を差別してはならないと思っている、「掃除のおばさんは母親と思え」と自分に言いきかせている。「毎日ごくろうさま・・・」と一声かけて階段を上る。そして1日の活動開始である。
テーマ : ブログ日記 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
Iris_01.jpg
4月17日(月)
≪アヤメ・花言葉=希望≫





恋しくて言うんじゃないが 帰ろかな帰ろかな 村のあの娘は 数えて十九 そぞろ気になるやっぱりほの字 帰ろうかな帰るのよそうかな「帰ろかな」


IMG_1946.jpg
社民党長崎県連合定期大会に執行部・常任幹事として出席した。午前中は全国連合の吉田党首、長崎県平和センター、民進党、連合から挨拶、多くの来賓が紹介された。引き続き社民党自治体議員団13名の紹介、更に1年間の活動と決算の報告で午前中は終了した。
IMG_1948.jpg


テーマ : 日々の出来事 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
Summer-snowflake_01.jpg
4月16日(日)
≪スノーフレーク・花言葉=純潔≫

朝の空を見上げて今日という一日が 笑顔でいられるようにそっとお願いした 時には雨も降って涙も溢れるけど思い通りにならない日は明日 頑張ろう  ずっと見てる夢は私がもう一人いて やりたいこと 好きなように自由にできる夢 人生は紙飛行機 願い乗せて飛んで行くよ 風の中を力の限り ただ進むだけ  その距離を競うより どう飛んだか  どこを飛んだのか それが一番大切なんだ  さあ 心のままに365日「365日の紙飛行機」

IMG_1930.jpg
アトリエぽれぽれコンサートが開催された。精神障害者が通所するNPO法人アトリエぽれぽれが主催するコンサートである。とても感動的なコンサートであった。
冒頭の曲はOMURA室内合奏団が演奏した。音楽を中心としたコンサートであったが全編に手話通訳を配置するなど障害者への配慮がにじみ出ていた。
IMG_1920.jpg
オープニングはぽれぽれの皆さんよる合唱であった。この日のために相当練習を積み重ねて来られたのであろう。素晴らしい出来栄えでオリジナル曲を中心に3曲披露された。
IMG_1921.jpg
毎回、友情出演は上五島町から参加される「いろえんぴつの家」。ここも精神障害者の通所施設である。オリジナル曲と♬時代♬など3曲を披露してくれた。離島での活動も是非、視察してみたいと思った。他にもOMURA室内合奏団やシンガーソングライター「カツルミ」さん、笑いヨガの出演など盛りだくさんのプログラムであった。
IMG_1926.jpg

圧巻は、ぽれぽれの通所者が語った「今の自分」であった。
テーマ : ブログ日記 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
Babys-breath_01.jpg
4月15日
【カスミソウ・花言葉=清らかな心】




君の笑顔のむこうにある悲しみは 僕のとどかないところにあるものなのか   ふたりで歩いてきた道なのに なんてさびしい 古いコートは捨てて 僕の胸でおやすみ「僕の胸でおやすみ」

行きつけの床屋さんに行った。選挙の労をねぎらわれた。店主のお母さんから「ポスターがとても良かった」と誉めていただいた。他愛のない世間話をしながら散髪してもらっていると、音楽の話になって、店主も若い頃ギターを弾いていてライブをやったことがあるとのことで、「最近、生バンドがなかなか来ないね」という話しをしたら、「仙人さん、毎月やっているとこが直ぐ近くにありますよ」とのこと。
IMG_1911.jpg
本明川の川向にあった。現在、出演されているのは原田敬一郎氏。
ninizu.jpg
彼のプロフィールは次のように紹介されている。 
1952年、長崎県南高来郡愛野町生まれ。諫早湾「自然の権利」訴訟の原告=ムツゴロウの代弁人として、ギター片手に、諫早湾干拓事業の見直しを求める活動を行う。1999年からは愛野町議会議員として、町議会においても諫干問題を精力的に追及する。2002年に三線(サンシン)の高山淳嗣と「に~に~ず」を結成。オリジナルソングから沖縄音楽まで幅広いレパートリーを歌う。
僕も存じ上げている方だ。4月28日には行ってみようかなと思う。フォークギターliveハローグッバイliveワクワクしてくる。
テーマ : ブログ日記 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(1) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
無題
4月14日(金)
【アサガオ・花言葉=はかない恋】

花びらが 散ったあとの 桜がとても 冷たくされるように 誰にも 心の片隅に 見せたくはないものが あるよね だけど 人を愛したら 誰でも心のとびらを 閉め忘れては 傷つき そして傷つけて ひきかえすことの出来ない 人生に気がつく ・・・ささやかなこの人生を 喜びとか 悲しみとかの 言葉で決めて 欲しくはない「ささやかなこの人生」

「入学式まで桜が散らなかった」と近年にない遅咲きが巷の専らの評判になっているが、今日に至るも咲き誇っている。観る者にとっては楽しくはあるが、なにか「狂い咲き」のような異常さを感じる。
IMG_1908.jpg
桜の木の下で、ゴザ敷いて一献傾けるのも悪くはない。けど、そんな余裕はない。夕方からは全国一般の執行委員会に出席して1日の行事を終えた。

テーマ : 今日のブログ | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲

プロフィール

多良岳の仙人

Author:多良岳の仙人
昨年還暦を迎えたのを節目として、「第二の人生」をどう生きるのかという課題を背負って、60年の人生を振り返り、これからの自分探しをテーマに四国八十八箇所のお遍路に行った。1400kmを「通し打ち」を敢行し無事38日間で結願した。今夏、高野山奥の院へ参拝。無事満願を果たした。


カテゴリ

リンク

アクセス数

アクセス数:
現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析