痛風体験記「七転び八起きの奮戦記」     

2017年07月31日(月)
Rudbeckia_01.jpg
7月31日(月)
【ルドベキア・花言葉=あなたを見つめる】





上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思い出す春の日一人ぼっちの夜 幸せは雲の上に 幸せは空の上に 上を向いて歩こう涙がこぼれないように 泣きながら歩く一人ぼっちの夜「上を向いて歩こう」
ブログを書ける心境ではないのだが、あまり心配をかけてはいけないので近況報告をしたい。ここ4日~5日間、行動範囲は半径10メートル位。しかも4足歩行。両手と両膝の4足。足首の関節に痛風が出たので足を地につくことができない。何かの拍子に足首付近に物が当たるとピリピリッと激痛が走る。なんとも他人様には見せられないような無様な格好で生活を送っている。5年ぶりかの再発である。酷暑で無理して1日3万歩、何日も歩いたのが祟ったのかもしれない。

「上を向いて歩こう」は永六輔さんが作詞した。安保闘争に敗れた挫折感の中から生まれた。僕は今回の痛風を僕が師匠と仰ぐ弘法大師・空海さんが与えた試練だと思っている。3期目を迎えた議員活動のテーマは「木漏れ日」。陽の当たらない人々に光を差し込む。挫折したときにこそ♬上を向いて歩こう♬。「仙人よ、社会的弱者が障害者が独居高齢者がどのような思いで暮らしているか実感せよ」・・・と。木漏れ日を届ける、寄り添う。色んなことを考えさせられる痛風体験である。

やはり、困ったときにこそ人々は助け合うものだということを実感させられる日々である。
間に合う予定であった「月曜の声」。今朝、関係者に欠席を伝えた。僕のパートナーの「多良見のカマちゃん」。「こういう時のパートナーではないですか」と代役を快く引き受けてくれた。今回104回目になるが続けてきて良かったと思う。

というふうなわけで、未だブログを楽しくお届けする状態ではないのだが、ご心配をおかけしてもと思い、一筆啓上である。


痛風持ちの男性は意外と多い。成人男性の5人に一人が痛風持ちと言われる。一度発症した人は、その激痛に悩まされる。数日で痛みは引く。その激痛に耐えられず常時服薬している人も多い。僕は、ほぼ、薬を飲まない。なるべく医者にもかからない。だから、通り過ぎるのを我慢するしかない。あと少しの辛抱。この間にも市民相談が入る。自分の都合は言えない。相談者に迷惑かけないように1日も早く回復したいと思う。

関連記事

テーマ : ブログ | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(2) |  トラックバック(0)
Pagetop▲

コメントの投稿


















コメント

痛風の情報(釈迦に説法)
釈迦に説法とは承知しつつも、痛風について、ひと言、コメントさせて下さい。
と申しましても、私は医学的な知識は皆無! (笑)
単なるテレビ情報の紹介です。(NHKガッテン:urlは下記に)
ポイントは、2ケでしょうか。
①一般的にプリン体が多い食物(ホルモン・魚の内臓・ビール)が悪いと云うのは、殆ど関係が無いそうです。  
そう、仙人さん、安心してビールを飲みましょう!(笑)
(但し、痛風が発症してる時は、アルコールは控えることとか)
②痛風の予防に効果的なのは、1日コップ1杯程度の牛乳だそうです。
牛乳が苦手な人は、ヨーグルトでも良いとか。
効果は、勿論、個人差はるが、2週間後くらいからとか。 ほっ! (^o^)
もっとも仙人さんが、日々、牛乳を愛飲してましたら、この情報は空論ですね。

そんなことよも、御自愛下さいね。 来週の月曜日は会えますように!

http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20170104/index.html
状況報告
仙人さん、痛みは少し和らいだでしょうか? それとも、這う動作の連続???昨日の状況を搔い摘み報告いたします。
・昨日は、いつもどおりの面々でした。
・参加者は、城田さん、石垣さん、橋本さん、池田さん(いつもの御婦人、)
 名前は分かりませんが、あと二人です。
  男性(割と高齢者、いつもの人)、女性(多分、退職女性教師の人?)
・ハンド拡声器が夏バテで、演説が無かったのは、やはり寂しい感じでした。
  → 電池交換、等々の手当はしましたが復活しませんでした。  
   あたかも、主(仙人さん)がいないので、スネてる感じです。
・あっ! 誰れ彼れとなく仙人さんのことを噂話しては、盛り上がってました。
  → お昼頃、仙人さんがクシャミしてましたら、多分、震源地はアーケード街かも! (笑)
・街頭演説が無い分、私のギターの出番が多かった! (自惚れな蒲原です!)
・来週は、ぜひとも、仙人さんの演説が聞きたい仲間達だったようです。

プロフィール

多良岳の仙人

Author:多良岳の仙人
昨年還暦を迎えたのを節目として、「第二の人生」をどう生きるのかという課題を背負って、60年の人生を振り返り、これからの自分探しをテーマに四国八十八箇所のお遍路に行った。1400kmを「通し打ち」を敢行し無事38日間で結願した。今夏、高野山奥の院へ参拝。無事満願を果たした。


カテゴリ

リンク

アクセス数

アクセス数:
現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析