K君、高校入学おめでとう       僕が関わっているボランティア活動

2017年04月13日(木)
strawberry_01.jpg
4月13日
【イチゴ・花言葉=尊重と愛情】


からだの傷なら なおせるけれど 心のいたでは いやせはしない 小指に食い込む 指輪を見つめ あなたは昔を 思って泣いた 時の過ぎゆくままに この身をまかせ 男と女が ただよいながら もしも二人が 愛せるならば 窓の景色も かわってゆくだろう「時の過ぎゆくままに」


会派室の割り当てが確定して、小道具を運び込む。本格的には今日、明日で引越しをする。4年間お世話になる部屋である。趣向を凝らして仙人らしい部屋にしたいと思っている。
昨日は、「YYこども食堂」のチラシの発送作業に追われた。発送作業しながら「そういえばいろんなボランティア活動に関わっているなぁ!」ししみじみ思った。具体的にはこんな風である。


はままつな(統合失調症)、ハートフリー(ひきこもり)、GA(ギャンブル)、手話、要約筆記、どんぐりの会(東日本大震災支援)、こども食堂、自然保護協会、こども自然学校、市民相談。
もちろん「幽霊会員」というかご無沙汰しているボランティアもないことはないが、それにしても、我ながら・・・。

かてて加えて、「月曜の声」、全国一般特別執行委員、NPO法人ほほえみ諫早、「独り暮らし高齢者は親戚と思え」(見守り活動)などの活動がある。僕は「議会開会中が一番暇である」と冗談とも本音ともつかないことを言う。
議員活動としても議会だけでなく、「自転車議員が駆ける」という議会報告を各戸配布している。数千部にのぼる。

【日々精進】
4月21日~24日まで東北出張である。JRに切符を買い求めた。行き来は自転車。でも右脚の調子がイマイチ。挫いたのであろうか。そういえばタラの芽を採りに行ったとき、土手を無理して登ったせいかもしれない。よせばいいものを好奇心や食欲が行動を起こさせる。3大煩悩(食欲・権力欲・性欲)もコントロールしやすいものと、そうでないものとあって煩わしい。「足るを知る」。ほどほどの人生でありたいものだ。

もうすぐ50歳になる障害者のK君。図書館で調べものしていたら「田添さんっ!」と声かけてきた。(僕を議員さんとか、先生とか呼ぶ人は居ない)。K君は凄いのだ。通信制の高校の受験に成功したのだ。「ピッカピカの高校生」なのである。もともとは障害者の通所施設に通っていた。更に社会適用訓練などを経て現在は一般企業で働いている。けれども、非正規である。「きちんと勉強して正社員になる」と張り切っている。心の底から「おめでとう」と言ってあげたい。そして、全面的に支援したいと思っている。重複障害(知的・精神)を持っていても、こんなにがんばるK君にエールを贈る。

昨晩、お隣さん。「息子が鯛ば釣って来たとさ。当選祝いに持ってきたけん」とのこと。わが集落は物々交換が盛んで、「いつ、誰が持ってきてくれたんだろう?」と思うほどに野菜類が置いてあったりする。さっそく刺身でいただく。タラの芽の天婦羅も一緒という豪華食卓であった。おかげで、発泡酒が2本になった。
IMG_1907.jpg


関連記事

テーマ : ブログ | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(1) |  トラックバック(0)
Pagetop▲

コメントの投稿


















コメント

祝杯×2!
祝杯だっ! 
①K君の頑張りに、そして高校の合格祝いに、乾杯!
 それにしても、K君に比べると拙者は、、、 自分に甘くて恥ずかしい!
②お隣の息子さんが鯛を釣ったことに、乾杯!
簡単に釣れる魚ではないようです。それも多分、船釣りでしょうか?
鯛の刺身より、私は、刺身を取った残りのアラ(粗)を食べたい!
ちなみに、私が食べた後は、ネコも見向きもしません!(^o^)
<追伸>
田添さん、今度、魚の差し入れが有りましたら、拙者へも連絡下さいね。
発泡酒を持って、馳せ参じます。 (^o^)
あっ! もちろん、田添さんが公職を終わった後の話です。
 

プロフィール

多良岳の仙人

Author:多良岳の仙人
昨年還暦を迎えたのを節目として、「第二の人生」をどう生きるのかという課題を背負って、60年の人生を振り返り、これからの自分探しをテーマに四国八十八箇所のお遍路に行った。1400kmを「通し打ち」を敢行し無事38日間で結願した。今夏、高野山奥の院へ参拝。無事満願を果たした。


カテゴリ

リンク

アクセス数

アクセス数:
現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント


月別アーカイブ

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析