Gentian_01.jpg
8月31日(木)
『リンドウ・花言葉=悲しんでいるあなたを愛する』






運命の出逢い確かね こんなに自分が変わってくなんて 揺れる想い体じゅう感じて このままずっとそばにいたい 青く澄んだ あの空のような 君と歩き続けたい in our dream「揺れる想い」

台風一過ならぬ「痛風一過」。実は、新聞配達、つまり歩くことが痛風との関係でトラウマになっていて、心配で、なかなか本格的に歩けない状態であった。ようやく気にならなくなったので「自転車議員が駆ける」(6月市議会報告号)の新聞配達を再開し残りを配ってしまった。9月議会開会前にやっと配り終えた。そんな1日を振りかえってみた。

『仙人の1日:午前の部』
4時起床:日課(般若心経・雨にも負けず読経・愛犬オッシーとの散歩・ブログの更新)アサガオがとても綺麗である
IMG_2357.jpg

7時:自転車で我が家をスタートする。
7時30分:「社会新報」配達 「市民相談」の電話受付
8時:ナカヂ時計店主・中路邦男さんとのモーニングコーヒータイム→般若心経の中の一文「三世諸仏」(前世・現世・来世)の意味について語り合う。僕は、宗教というより倫理・モラルとして般若心経をとらえている。従って「仏様」とは人間そのもの、つまり善き行いをすること、徳を積むことではないか、そんな生き方をしなさいと説いている。つまり、僕たちの周囲には、そんな生き方をしている人がたくさん居る。そういう人々のことを三世諸仏、現世の「仏様」というのではないか。仏教の教えでも、山川草木、人間界含め生きとし生けるもの全てに「仏様」が宿ると説く。「お弘法さん文化」が1,000年以上根付く本野・本明地域。「仏様」みたいな生き方をしている人を「生きぼとく」=「生き仏さん」として敬う。そういう生き方をしたいものだと思う。
9時:9月議会一般質問の「聴き取り」。教育委員会、政策振興部、健康福祉部、総務部など次々と対応する。僕の場合、聴き取りも勉強として位置付けていて、とても参考になるので時間を割く。2時間で終了。
11時:市議会傍聴案内の郵送準備作業と郵送。これも「仙人スタイル」。質問日が決まると支持者の方に傍聴案内を配る。
12時:「諫早こども将棋教室」の幟旗と「月曜の声」チラシ発注。市役所前中央広場では「のんのこ祭り」の準備が進んでいた。
IMG_2359.jpg
テーマ : ブログ | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
sennitikou_tan01.jpg
8月30日(水)
『センニチコウ・花言葉=変わらぬ愛』






野に咲く花のように 雨にうたれて 野に咲く花のように 人を和やかにして そんな風に僕たちも 生きてゆけたらすばらしい 時にはつらい人生も 雨のちくもりでまた晴れる そんな時こそ野の花の けなげな心を知るのです「ダ・カーポ」


IMG_2352.jpg
野に咲く花が朝の散歩を楽しくしてくれる。愛犬・オッシーも夏場に弱いのだが、朝夕はめっきり涼しくなって朝の散歩をしっぽを振りながら催促する。5時30くらいにはスタートする。
IMG_2351.jpg
本当に自然界は正直である。季節季節には花々が咲き乱れ、セミの鳴き声に代わって虫たちが啼く。
さてっ、僕はテレビを殆ど観ないのだが、朝ドラにはまってしまった。♬ひよっこ♬を観るのが楽しみである。ところが、北朝鮮のミサイル発射関連の特別番組で放送中止。ちょっと騒動のし過ぎではないかと思う。電車を停めたりとか、「頑丈な建物の中に隠れて・・・」とか過剰反応。よくよく考えたら、本気でそんなに危機だったら、まず原発停めないと。原発が狙われたら地球は終わる。扇動している。何かの目的のために。安倍政権維持のために最大限利用しているとしか思えない。

上空500kmを通過したものと、実際に着弾したものとは危機管理が違う。煽るのではなく冷静に対応すべきだと思う。もちろん北朝鮮の行為は断じて許されるべきではないことは論を待たない。
この問題で国会は閉会中審査(安全保障に関する)を行う模様。だったら、何故、加計問題など国会のルールにのっとって要求された臨時国会を開かないのか?。更に、来年度へ向けて防衛費を大幅に増額しようとしている。これも「危機の便乗」。社会保障費が削られ、国民が犠牲になる。

安倍総理大臣のやってることは間違っていると僕は思う。北朝鮮から発射されたミサイルは数分で日本に着弾することが分かった。つまり防ぎようがない。トランプ大統領と一緒になって「兵糧攻め」をやろうとしている。昔の戦国時代だったら通用するだろう。でも、「飛び道具」には効果ない。逆に、追いつめられた人間(国)が何をやるか、つまり「窮鼠猫を噛む」。先の大戦も、その原因の一つに日本はエネルギー源を絶たれた。つまり「窮鼠猫を噛んだ」のである。追い込んだり煽ったりするだけではだめ。人と人との関係でも同様である。必ず「逃げ道」や「話し合い」の道を閉ざしてはならない。「やったらやりかえす」。どうも安倍総理大臣やトランプ大統領の対応はそうとしか思えない。きわめて好戦的である。国民の安全を第一に考えるのであれば、徒に煽るのではなく、自ら、北朝鮮に乗り込んだり、軍事演習などで刺激せず、外交の手段を尽くすべきではないか。
テーマ : 今日のブログ | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
Crape-myrtle_02.jpg
8月29日(火)
【サルスベリ・花言葉=雄弁】





あなたに「さようなら」って言えるのは今日だけ 明日になってまたあなたの暖かい手に触れたら きっと言えなくなってしまうそんな気がして 私には鏡に映ったあなたの姿を見つけられずに 私の目の前にあった幸せにすがりついてしまった ひとつだけこんな私のわがまま聞いてくれるなら あなたはあなたのままでいてくださいそのままで「22歳の別れ」

午前2時寒くて目が覚める。あわててタオルケットを用意してまた寝直す。朝夕はすっかり秋らしくなってきた。
最近は、なんやかや雑事に振り回される日々。こんなときに限って、「しんどいな」と思うような仕事や相談が依頼されてくる。やはり気分が乗らない。でも、がんばって対応する。そうすると、「お忙しい中に本当にありがとうございました」とメールが送られてくる。こんな一言に救われる自分がいる。人生すべからく『ギブ&テイク』。『徳を積む、徳を使う』とも言う。自分がしたことは必ず自分に帰ってくる。つまり、義理と人情の世界。そんなことがとても大切に思える今日この頃である。

「月曜の声」第108回。
例によって例のごとく11時から托鉢。30分間で80名程度目の前を買い物客が通りすがる。ただ、黙って立っているだけなのだが、声かけてくださったり黙礼していかれる方が10名ほど。11時30分からは多良見のカマちゃんの♬ギター演奏♬とコラボ。
IMG_2347.jpg
アーケードポケットパークも少し秋の気配である。商店街の方が風鈴を飾り付けてあった。心地よい音色が多良見のカマちゃんのギター演奏とすごくマッチしていた。
IMG_2348.jpg
12時からはチラシ配布と街頭演説。7人ほどが駆けつけてきてくれた。僕も気合を入れて30分程演説させていただいた。今回の内容は「戦争は絶対悪」、安倍総理大臣はトランプ大統領に傾倒するだけでなく、日本の立場をわきまえて「等距離外交に尽力せよ」とロシア・中国・韓国・北朝鮮などに対して外交の限りを尽くして平和的に解決せよと訴えた。

💛僕が托鉢をしているといずこからともなく、いつのまにかナカヂ時計店主・中路邦男さんが現れて「仙人さんっ! これっ!」と例のものが・・・💛
テーマ : 今日のブログ | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
Balloon-flower_01.jpg
8月28日(月)
【キキョウ・花言葉=永遠の愛】







恋をして 恋に破れ 眠れずに過ごす アパートの 窓ガラス越し 見てた 夜空の星 この街で 夢追うなら もう少し強くならなけりゃ 時の流れに 負けてしまいそうで 動き始めた 朝の街角 人の群れに 埋もれながら 空を見上げた サクラ吹雪の サライの空へ 流れてゆく 白い雲に 胸が震えた♪♪ 離れれば 離れる程 なおさらにつのる この想い 忘れられずに ひらく 古いアルバム 若い日の 父と母に 包まれて過ぎた やわらかな 日々の暮らしを なぞりながら生きる♬ 「サライ」( 作詞:谷村新司/作曲:弾厚作(加山雄三))

僕は還暦の時、四国遍路88カ所を一気に回る修行を敢行、1,400kmを38日間かけて歩き通した。四国遍路を旅した時、一宿一飯のお世話になったのが足摺岬にあったペンション「サライ」であった。
その日は貸し切り。大浴場で♬恋をして恋に破れ・・・♬と鼻歌を口ずさみながら、旅の疲れを異郷で癒していた「同行二人」の旅(一人旅)を鮮やかに思い起こす。僕の人生の「ベストテン」にランクする出来事で第二の人生を生きる大きな糧になっている。

こちらも、ま、遊び感覚ではあるが、ブログが一定の評価を受けるようになった。これも10年近く継続している成果である。スマップではないが♬ナンバーワンにならなくてもいい・・・♬の世界ではあるが、やはり競争することは大切、切磋琢磨して自己研鑽になる。そしていつの日か「ナンバーワン」。そう遠くない夢にも思えてきた。
FC2政治家ランキング堂々2位

「政治の世界は1寸先は闇」ならぬ「1寸先は離党」。本当に政治家のポリシーって一体なんだろうと思う。こう、コロコロあっちからこっちに変わられると・・・。
わが諌早市でもかと思う。
テーマ : ブログ日記 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
Balsam_01.jpg
8月27日(日)
【ホーセンカ・花言葉=私に触れないで】




僕が生まれたこの島の空を僕はどれくらい知っているんだろう輝く星も 流れる雲も名前を聞かれてもわからないでも誰より 誰よりも知っている 悲しい時も嬉しい時も 何度も見上げていたこの空を 教科書に書いてある事だけじゃわからない大切な物がきっとここにあるはずさ それが島人ぬ宝

8月最後の「YYこども食堂」は学童保育所祭り(北小クラブ・わんぱくキッズ合同)と共催で実施。ソーメン流しを担当することになった。
本当にいろんな人々の協力なしにはできなかった。改めて感謝である。まずは孟宗竹を提供してくださった電気屋さん。会場まで運んでくださった。
IMG_2332.jpg
ところが、準備作業が大変だった。雷雨は収まったけれど雨が降り続く中で、①竹を真っ二つに割る、②節をとり注ぐ、③やすりで滑らかにする、④接続してソーメン流し台を設置する。朝9時には、いつも食材を提供してくださる三ヶ島さんや石垣さん、将棋仲間の明吉さん、障害のある後輩の川越君が集まって来て汗と雨でずぶ濡れになりながら作業した。
IMG_2341.jpg
完成したソーメン流し。お昼ご飯は学童保育所の「お接待」。こどもたちと一緒に食べた。ちょっと休憩しようと横になりかかると「仙人さん、1局お願いします」と明吉さんと川越君。なんと将棋盤を持ち込んでいたのだ。1時間巴戦を楽しんだ。
IMG_2335.jpg
一方、城見公民館厨房には女性軍。ソーメンを湯掻くなどの作業に精を出しておられた。やはり「YYこども食堂」のメンバーである。大鋸さん、吉富さん、丸尾さん、木下さん、円能寺さん、斉藤さん、田添さんの面々。
こんな人々の協力があってやっと完成。16時~始まった学童祭り。
IMG_2338.jpg
3回に分けて、実施したが、それでも黒山の人だかり、大盛況だった。
テーマ : ブログ日記 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
無題
8月26日(土)
≪ワレモコウ・花言葉=愛慕≫




人は誰もただ一人旅に出て 人は誰もふるさとを振りかえる ちょっぴりさみしくて振りかえっても そこにはただ風が吹いたいるだけ 人はだれも人生につまづいて 人はだれも夢破れ振り返る「風」

雷の凄さで何度も夜中に目が覚める。豪雨でもある。大事に至らなければと思う。午後からは、予定通り学童保育所北小クラブ・わんぱくキッズ合同の夏祭りが開催され「YYこども食堂」としても≪ソーメン流し≫を出店する。その準備を朝9時から予定している。孟宗竹を二つに割って、節を取り除いて流し台を作る。朝から「実施するのか」との問合せが相次いでいるが予定通りにやる。

「一般質問」の質問通告締め切りも月曜日に迫っているが、昨日は鉈や鋸などソーメン流し台の材料などの買い出しで行ったり来たり。合間を見て図書館で「経済的徴兵」という岩波ブックレットを借りる。「手話でGO」の議事録とニュース作成も依頼されている。社民党の3支部(島原・大村・諫早)合同研修会の諸準備もある。嬉しい悲鳴をあげながら、充実した1日を過ごす。!
テーマ : 今日のつぶやき | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲

プロフィール

多良岳の仙人

Author:多良岳の仙人
昨年還暦を迎えたのを節目として、「第二の人生」をどう生きるのかという課題を背負って、60年の人生を振り返り、これからの自分探しをテーマに四国八十八箇所のお遍路に行った。1400kmを「通し打ち」を敢行し無事38日間で結願した。今夏、高野山奥の院へ参拝。無事満願を果たした。


カテゴリ

リンク

アクセス数

アクセス数:
現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析