suikazura01.jpg
6月30日(金)
【スイカズラ・花言葉=愛の絆】






七夕の飾りは揺れて想い出は帰らず 夜空輝く星に願いを込めた君のつぶやき 季節はめぐりまた夏が来て あの日と同じ七夕まつり 葉ずれさやけき杜の都 あの人はもういない「青葉城恋歌」

市議会は教育福祉委員会最終日。教育委員会所管の体育館改修工事、連合婦人会長崎県大会(諫早市で開催)への補助について質疑。午前中に終了し、引き続き、付託された議案に対する採決が行われ、満場一致採択され、本会議に報告される。

午後からは、「地域包括ケアシステム」についての所管事務調査。高齢介護課から60分程度説明をうけた。これは、僕が提起して開催してもらった。介護保険法が改正されて、「要支援」が国の制度から切り離された。また、在宅を中心としたで高齢者対策が地方自治体の責任として実施することになった。そこで、介護や医療に拘らず、「地域力」で高齢者の面倒をみようということになり、「元気な高齢者が支援を必要とする高齢者の支援をする」というボランティア精神で地域力の再生を図りながら高齢者対策をやっていこうということだと思う。

そういう体制に移行するための「総合事業」。現在、市内3地区においてモデル事業が行われているが平成30年以降の本格実施に向けて検証が行われている。これには、医療、介護の分野だけでなく自治会・民生委員・老人会・地区社協や行政など既存組織が従来以上に連携を組んで推進する必要があるし、その「核」となるのがボランティアとしてのコーディネーター制度であるとのこと。

人生の終末期を在宅で迎えるというのは、本来の姿なのかもしれない。でも「自分さえ良ければ・・・」という風潮が蔓延する中で「向こう三軒両隣」の助け合い精神を復活させるのは容易ではない。現に、独居高齢者の見守り活動なども必ずしもうまくいっているとは思えない。

国の介護保険制度の改悪という側面もあるが、同時に、地域で助け合いで高齢者を支えていかないと超高齢化社会をのりきれないことも事実である。僕も、そろそろ当事者でもあるわけだけれど「コーディネーター」に応募してみたいと思ったりもする。僕の活動スタイルとしての3期目4年間の課題は①独居高齢者は親戚と思って見守り活動をする ②陽の当たらない人々に「木漏れ日」を差し込ませるということだからだ。
色々と考えさせられた「地域包括ケアシステム」勉強会だった。


テーマ : ブログ | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
Agapanthus_01.jpg
6月29日(木)
【アガパンサス・花言葉=ラブレター】


いつでもいつでも君だけと 歩きたいのさ夜の道 ふたつ並んだあの星も いつも仲良くひかってる 君と僕とのそのように ♬ いつでもいつでも君だけを 夢に見ているぼくなんだ 星の光をうつしてる黒い瞳に出会うたび 胸がふるえるぼくなんだ


市議会教育福祉委員会審議が始まった。審議に先立ち、現地視察が行われた。
健康福祉センター上山荘(空調設備改修)~いちご保育園(保育園新設)~喜々津東小学校(体育館改修)~森山図書館(火災復旧)~NPO法人「ひまわり」(ろうあ者通所施設)
20170628_132608.jpg
20170628_132543.jpg
ひまわりは、ろうあ者の人々が作業している光景を教育福祉委員会のメンバーが熱心に視察し、直接、ろうあ者から聴き取りを行っていた。初めて訪問する議員がほとんどで、来年3月の手話言語条例制定に向けて見聞を広げた。

午後からは健康福祉部の議案審議。高齢介護課、こども支援課、保険年金課の審議が行われた。僕は、保育士の待遇改善などについて質疑した。委員会終了後の委員会審議で、諫早市内の保育所の実情(賃金など)について、当局が把握していないことが問題点として指摘された。
テーマ : 今日のブログ | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
無題
6月28日(水)
【トルコキキョウ・花言葉=希望】


吹けば飛ぶよな将棋の駒に 賭けた命を笑わば笑え うまれ浪花の八百八橋 月も知ってる俺らの意気地  明日は東京に出ていくからは なにがなんでも勝たねばならぬ 空に灯がつく通天閣に おれの闘志がまた燃える「王将」

中学生プロ棋士藤井4段の29連勝と言う30年ぶりの快進撃が続く中、触発されて僕も、日頃の惰性で生きるのではなく何か自分を磨くことをしなければと思った。けれど、妙案が浮かばない。市議会本会議の開始が10時なので少し時間をもてあそんで陸上競技場に足を延ばすことにした。そして歩きながら考えることにした。
IMG_2161.jpg
1周3kmコースを歩くことにした。オーディオプレーヤーからは♬吹けば飛ぶような将棋の駒に・・・♬が流れた。29連勝がかかった対局は東京の将棋会館だったと記憶している。♬明日は東京に出ていくからは・・・♬の心境だったか定かではない。意外と「無心」だったのではないかと思ったりもする。
IMG_2162.jpg
3kmを30分で歩く。速足である。汗をかく。
そして出した結論「置かれた場所で咲きなさい」(渡辺和子)だった。
僕が使っている扇子は、「歩歩是道場(ほほこれどうじょう)」(谷川浩司九段・17世永世名人)の扇子である。つまり、日常の一挙手一投足、そのすべてが自己を鍛える道場だ、という意味である。
IMG_2153.jpg
日常を「修行」と位置付ければ、般若心経の読経、「雨にも負けず」の手話付き読経、「月曜の声」、「托鉢」、「市民相談」etc苦にならない。自己研鑽なのだ。つまり自分の為なのである。
💛少し、吹っ切れて市議会本会議場へ。さっそく「歩歩是道場」。9階まで階段を歩く。歩いたあとだったので少しきつかった。けど「歩歩是道場・歩歩是道場・歩歩是道場」と呟きながら1段1段上る。すれ違った職員さんが「おはようございます」、慌てて「歩歩是道場」を飲み込んで「おはようございます」。でも、一瞬間が空く。怪訝に思われたかもしれない。💛
テーマ : 今日のブログ | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
agapanthus_tan01.jpg
6月27日(火)
【アガパンサス・花言葉=恋の訪れ】




 今夜の夜汽車で旅立つ俺だよ あてなどないけどどうにかなるさ 見なれた街の灯り行くなと呼ぶ 愛してくれた人も一人いたよ 俺など忘れて幸せつかめよ 一人でおれならどうにかなるさ  「どうにかなるさ」(かまやつひろし)


99回目の「月曜の声」街頭演説会であった。11名の助っ人と共に。
僕は市議会一般質問の報告を中心に約30分間訴えた。議会開会中で12時ギリギリに会場へ行くといつものように「多良見のカマちゃん」がギターを抱えて、いつもの場所に陣取っておられた。おまけに「これっ!」と、おそらく「ビールを飲んだつもり」でワンコインをこども食堂にカンパしてくださった。
最後はやはり加計学園問題で演説を〆た。「もし、安倍総理大臣と前川氏(元文科省事務次官)の発言内容で、あなたはどっちが信用できますか?」という世論調査をすれば「嘘つき」は明らかになると声高に安倍退陣を要求した。
「嘘つきは泥棒の始まり」。

こんな腹黒いお坊ちゃま総理大臣とは裏腹に、こちらはとても爽やかで国民の関心をさらっている。将棋の中学生プロ棋士藤井4段である。「29連勝」とは驚いてしまう。プロ棋士というのは高級官僚になるより狭き門と言われ「俺の兄弟は頭が悪かったから東大に行った」という米長元名人の言葉はあまりにも有名だ。そんな秀才ぞろいのプロ棋士を相手の連勝記録だからとてつもない価値があり、賞賛に値する。

将棋は日本古来の伝統分であり「武士道精神」に通ずる。道徳や礼儀を重んじる。「道」がつくものすべてそうである。柔道・剣道・茶道・華道などと同じである。「礼に始まり礼に終わる」「上手(うわて)が床の間を背にして座る」。
対局で負けると「負けました」と潔く挨拶と共に礼をする。勝者は敗者を慮って黙って黙礼する。
安倍総理大臣は一時(いっとき)は勝者だったかもしれないが現状は明らかに敗者である。潔く「負けました」と言わなければならない。往生際がみっともない。人生、引き際が大事。惜しまれて退場する、そんな人生でありたいものだ。
テーマ : ブログ日記 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
fukusia_tan02.jpg
6月26日(月)
【フクシア・花言葉=恋の予感】




空に向かってあげた手に若さがいっぱいとんでいた 学園広場で肩くみあって友と歌った若い歌  涙流した友もある 愉快に騒いだ時もある 学園広場に咲いてる花の一つ一つが想い出さ  僕が卒業してからも忘れはしないよいつまでも 学園広場は青春広場 夢と希望がある広場「学園広場」(舟木一夫)


IMG_2157.jpg
「ながさき子ども食堂ネットワーク交流会」がウエスレヤン大学であった。県下各地でこども食堂を取り組む関係者の交流会であった。内閣府からも出席され「子どもの貧困対策における国の動向」と題して講演、また「全国の子ども食堂の状況・全国ツアー開催に向けて」と題して湯浅誠氏(社会活動家・法政大学教授」が講演した。
IMG_2159.jpg
僕は国の貧困対策について質問用紙に書いて提出したけれど、時間的制約で一部しか回答がもらえなかった。特に、子育て支援を民間基金に頼るのは本末転倒、税金を使って次代を担う子供たちを支援すべきだ書いた。最後に質問の機会があったので、「開設場所に公共施設を開放してほしい」と訴えた。

テーマ : ブログ日記 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
無題
6月25日(日)
【ヒルガオ・花言葉=情事】



ほら足元を見てごらんこれがあなたの歩む道 ほら前を見てごらんあれがあなたの未来 夢はいつも空高くあるから 届かなくて怖いね だけど追い続けるの 自分の物語だからこそ諦めたくない 不安になると手を握り一緒に歩いてきた ほら足元を見てごらんこれがあなたの歩む道 ほら前を見てごらんあれがあなたの未来 未来へ向かってゆっくり歩いて行こう「未来へ」(kiroro)

一昨日の一般質問、ケーブルテレビの「市議会ダイジェスト版」、慌ただしい1日の心地よい余韻を残して朝を迎えた土曜日。本を読みたくなって図書館に出かけた。開館までは少し時間があってホール付近をうろついていると♬イチゴコンサート♬があるという。さっそく、ピアノの生演奏に耳を傾ける。♬糸♬、♬花みずき♬、♬未来♬、大村でピアノ講師をしている御婦人の演奏に聞惚れた。
ほら見てごらん あれがあなたの未来 未来へ向かってゆっくり歩いて行こうこのフレーズにグッときた。「自分らしく生きて行こう」と決意する。
IMG_2149.jpg
図書館に来る前に新聞を購入。というのも朝7時頃、携帯に電話があって僕の一般質問が掲載されているとの情報提供があったのだ。新たな内部告発と一緒に。さっそくコンビニで購入して図書館に来た。まずはじっくり目を通す。
IMG_2150.jpg
露出度=100パーセントというところか。手話言語条例と共に社会福祉協議会のことも掲載されていた。
僕の3期目のテーマは「木漏れ日」。陽の当たらない処に光を差し込む。「在ったことを無いとは言えない」(前川元文科省事務次官)という正義感「義を見てせざるは勇無きなり」にも相通ずる。人間の尊厳の最大の侮辱は「相手によって死に至らしめられること」ではないか。時間外労働など過労が原因で精神を病み自殺に追い込まれたと労働基準監督署が認めた社会福祉協議会の職員問題。本人とご家族の名誉回復と再発防止の必要性を訴えたかった。

💛市民相談でDV(ドメスティック・バイオレンス)被害の相談を受けていたが解決したとの報告があった。これも「木漏れ日」。拝命した公職を最大限に活用して光が届きにくい人にスポットライトを当てる。そんな4年間にしていきたいものだと思っている。
午前中は図書館で骨休みしながら読書。最近、池波正太郎にはまっている。短編「錯乱」を読む。午後からは雨の中濡れながら小栗ふれあい会館に向かう。💛
テーマ : ブログ | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲

プロフィール

多良岳の仙人

Author:多良岳の仙人
昨年還暦を迎えたのを節目として、「第二の人生」をどう生きるのかという課題を背負って、60年の人生を振り返り、これからの自分探しをテーマに四国八十八箇所のお遍路に行った。1400kmを「通し打ち」を敢行し無事38日間で結願した。今夏、高野山奥の院へ参拝。無事満願を果たした。


カテゴリ

リンク

アクセス数

アクセス数:
現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント


月別アーカイブ

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析