12月31日(土)
【アオキ 🌷若く美しく】

🌻一昨日までは観光旅行気分。ところが一転昨日はなんと41.511歩も歩いた。さすがに疲労困憊であった。余談であるが、出発前に宿の女将から「あんたたちはめずらしか」と。何のことかと思えば夫婦で遍路した人は、うまくいった試しがないというのが定説になっているとのこと。しかも、7年連続も夫婦で歩くというのが信じられないとのこと。

🌺女将の言うことももっともで。仲が良いのかどうかという夫婦間の愛情の問題だけでなく、例えば友人とでも同じなのだが、実際に歩いてみるとよくわかるのだが、お互いが歩く速さが違うからそうなる。例えば、僕は時速5.5km位で歩く。連れ合いさんは時速4km程度。もう、お分かりだろう。1日6時間歩くと9kmも離されてしまうのである。つまり、一人旅と同じなのだ。けれども、夫婦だと一人旅としてはなく、依存関係になる。だから「私はこんなに遅れているのに待ってもくれなあい」となる。夫婦二人旅が上手くいかない原因である。

🚶うまく行くコツはあるか?。速いほうが遅いほうに合わせればよいのだが、歩きなれた人はよくわかると思うが、これが意外と難しいのである。マイペースで歩けないとイライラしてストレスが溜まる。1日だけで6時間、何日も歩くとうんざりする。そこらへんが夫婦遍路が上手くいかない原因ではないか。
それでは、上手くいく方法はあるか(?_?)


テーマ : ブログ日記 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(1) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
12月30日(金)
【ベニベンケイ 花言葉 🌷幸せを告げる】

🌟広島のホテルは24階に宿泊。高所恐怖症の僕は尻がむずむずして落ち着かなかった。そのホテルで朝食を済ませバスセンターへ。高知行きは満員。帰省ラッシュで2号車まで運行されていた。8時出発、しまなみ海道を通過して、昼過ぎに高知駅前に到着。いの一番に坂本龍馬像と対面。1年ぶりの再会であった。明治維新という夜明けを実現するために公平無私の高い志で闘い、31歳の若さで散った龍馬に学ぶことは多い。現代に生きていれば【どがんかせんば、いかんぜよ】と、義を見てせざるは勇なきなりの心境で闘いに立ち上がったに違いない。僕も見習いたいと思う。

❇今度は電車で四万十市にある窪川駅へ。高知駅から1時間。駅の直ぐ近くに37番札所岩本寺はある。前回つまり今年の正月に参拝し打ち止めした札所である。16時、少し時間があったので歩くことにした。杖を購入して菅笠、袈裟、白装束の遍路スタイルになると身が引き締まる思いであった。17時、岩本寺へ引き返す。参道にあるお菓子やさんへ。前回、抹茶をお接待してくださった店である。今回も温かくおもてなしいただいた。

🌓四国は暖かいと思っていたが、気温は7度であった。寒かった。早速風呂と洗濯。乾燥機が設置してあるので便利。宿坊には、杖立てがあった。遍路宿の特徴である。四国遍路の杖には般若心経が印字いてあって、弘法大師空海の化身という位置づけなので大事に扱われる。だから、玄関先で杖を洗ってから部屋に持ち込む。同行二人とは弘法大師空海さんの杖をもって歩く一人旅のことである。もっとも今回は連れ合いさんとの二人旅。同行三人というところだろうか。いよいよ夕食の時間である。秘かに楽しみにしていたことがあった。
テーマ : ブログ日記 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲

四国入り

2016年12月29日(木)
12月29日(木)
【カトレア 花言葉➡優雅な人】

🌟哲学者は、世界をただいろいろに解釈しただけである。しかし、大事なことは、それを変革することである🌟マルクス

🔶かもめで諫早を発つ。夕方、広島駅に到着、息子の出迎えを受ける。嫁と孫が来てない。孫が風邪で外出できないとのこと。家に行くようにしていたが急遽取り止めて市内のホテルに泊まることにして、晩飯を息子と三人で食べることにした。やはり定番のお好み焼きである。寒いので鉄板焼が美味かった。

🔷さて、今日はいよいよ四国入り。四国には特別の思い入れがある。8年前、還暦の時、四国遍路88ヵ所、1400kmの通し打ちを敢行した。38日間の修行であった。60年の人生を振り返り、第二の人生をどのように歩むかの自分探しの旅だった。高野山にも無事参拝を終えて満願した。

🔶青天の霹靂だった。遍路から帰って第二の人生の青写真を描こうとしていた矢先、突然、市議会議員への出馬要請があった。投票日まで2ヵ月を余すくらいで、とても展望もなく、断り続ける。でも、当時、障害者福祉のボランティア活動をやっていたが、そのことを福祉行政に反映させてほしいと懇請された。熟慮したが、結果、家族も説き伏せる時間もないままに決意した。
テーマ : ブログ日記 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
無題
12月28日(水)
『ロウバイ・花言葉=思いやり』



学問には平坦な大道はありません。そして学問の険しい坂道をよじのぼる労苦をいとわないものだけに、その明るい頂上にたどりつく見込みがあるのです「カールマルクス」

おそらく今年最後の市民相談であった。市役所からもご足労いただいて現場立ち合い。雨の中ではあったけれど話し合い。本日に持ち越して再度話し合う。おそらく越年相談になりそうである。

身の回りも越年の準備にそろそろとりかかろうと思う。「自転車議員が駆ける」新年号もやっと間に合った。1月4日から「新聞少年」になって大地駈けずり回ることになる。あとは、お弘法さんと我が家にささやかな正月飾りをすれば全て完了。そして、午後には、「かもめ」で四国遍路に旅立つ。

今回、計画したコースを簡単に紹介したい。
28日は広島泊まり。長男一家が居を構えているので宿泊。29日は高速バスで「しまなみ海道」を通って高知へ。そこから土讃線に乗り換えて窪川。37番札所=岩本寺の宿坊に泊まる。
hakataoshimaohashi.jpg






尾道・今治ルート(おのみち・いまばりルート、通称:瀬戸内しまなみ海道)全線開通:西瀬戸自動車道、歩行者・自転車・原付専用道 通過市町村:広島県尾道市、愛媛県今治市。そして、四国中央部を突っ切って高知市へ。
225.jpg











宿坊では、朝の勤行に「お接待」がある。御住職のお勤めと説教を聴ける。お寺の歴史やこの地域の様々な伝統文化、弘法大師伝説など興味深い話が聴けるから楽しみである。


テーマ : ブログ日記 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
無題
12月27日(火)
『ナンテン・花言葉=福をなすよき家庭』




最高の道徳とは 他人への奉仕  人類への愛のために働くことである「ガンジー」

年の瀬である。何かと慌ただしく道行く人々がせかせかと急ぎ足で歩いている。お正月飾りを買い物籠に一杯買いこんでいる人もたまに見かけた。アーケードポケットパーク前にあるお地蔵さん=恵比須様に深々とお辞儀をする人など様々な人間模様である。僕に対してもお辞儀したり目礼したり、とあるご婦人が「寒くないですか?手袋貸しましょうか?」と労わってくださったり、そんな一幕もあった。

いつものように11時前から「托鉢行」を始めた。じっと瞑想しながら目の前を通る人々を眺める。やはり人通りは増えている。12時までの1時間で約400人。12時から街頭演説を始めたが約40分で用意したチラシ170枚はあっという間に捌けた。
IMG_1504.jpg
僕の胸には憲法9条をイメージした猫のブローチがつけてある。聴覚障害者の方からのプレゼントである。今年最後の「月曜の声」街頭演説会であった。①「YYこども食堂」②天皇誕生日③臨時国会(年金カット法案・TPP・カジノ法案)④諫早市長選挙⑤福島原発事故汚染土の問題などで道行く人々に話しかけた。
テーマ : 日々の出来事 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
無題
12月26日(月)
『フユベゴニア・花言葉=愛の告白』



♪ 『進歩は実に遅く不確かなものです。やがて出しぬけにそれがひらかれます。人は前に出ます。けれども暗中模索の幾年かあとの事です。』 「高村光太郎」

天気に恵まれ、手弁当で集まってくれたボランティアスタッフに恵まれ、クリスマスプレゼント、農産物、お米、焚き物、イチゴ、ミカン、ケーキ、漬物等の差し入れ、寄付「貧者の一灯」。小学校の先生もボランティア。こんな人々の温かい志に後押しされて「YYこども食堂」がスタートした。
IMG_1487.jpg
1番隊は朝7時から始動。杵・臼・蒸籠(せいろ)・釜など餅つき機材は一式、南高愛隣会家族会の皆さんの好意で借用させていただいた。もちろん、場所も南高愛隣会が全面開放してくださった。
IMG_1499.jpg
火を起こして、準備万端。10時頃になると人々が集まり始めた。親子連れが多い。総勢90名近くだろうか?。僕は電話対応と子どもたちが動き回る中での熱湯を扱うので安全対策に追われた。「ノロウイルス対策」もあって、餅を丸めたりするのは大人たちの役割であった。
IMG_1500.jpg
いよいよ始まった。どっちかというと保護者の方がとても楽しそうであった。めったに杵と臼での餅つきは経験できないのだろうと思う。そういえば、経験できないと言えば、最後に「ゆとり餅」をした。大評判であった。何杯もお代わりする大人と子どもたちだった。
IMG_1497.jpg
室内では、女性軍が丸めるのにてんやわんや。あん餅、芋餅などもついた。女性ボランティアスタッフには頭が下がる。前日のもち米の仕込みから、豚汁、おにぎり、ナマスなど超豪華な食事を提供してくださった。
テーマ : 日々の出来事 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(1) |  トラックバック(0)
Pagetop▲

プロフィール

多良岳の仙人

Author:多良岳の仙人
昨年還暦を迎えたのを節目として、「第二の人生」をどう生きるのかという課題を背負って、60年の人生を振り返り、これからの自分探しをテーマに四国八十八箇所のお遍路に行った。1400kmを「通し打ち」を敢行し無事38日間で結願した。今夏、高野山奥の院へ参拝。無事満願を果たした。


カテゴリ

リンク

アクセス数

アクセス数:
現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析