無題
🌸4月30日(金)
『ボタン・花言葉=風格』





昨日、紹介した「自分の感受性くらい」(茨木のり子)で、もうひとつ気に入った詩があったので紹介する。
「二人の左官屋」という詩である。
きてくれた左官屋  長髪に口髭  白地に紺の龍おどる日本手拭何枚か使い 前あきの丸首シャツに仕立てて着ている  あちらこちらに鱗飛び ななせとファッショナブル渾然融合  油断のならないいい感覚  足場伝いにやってきた  窓ごしにひょいと私の机を覗き「奥さんの詩は俺にもわかるよ」うれしいことを言い給うかな 十八世紀  チャイコフスキイが旅してたとき 一人の左官屋の口ずさむ民謡にうっとり  やにわにその場で採譜した  アンダンテ・カンタービレの原曲を 口ずさんでいたロシヤの左官屋  彼はどんななりしていたのだろう

チャイコフスキーの「弦楽四重奏曲第1番」第2楽章を聴いてみた。バイオリンの素晴らしい音色に乗せて美しいメロディーが流れてきた。この曲が「アンダンテ・カンタービレ(歩く速さで歌うように)」という曲なのかと。(コンサートに招待された文豪トルストイは親しかったチャイコフスキーの隣りの席で、初めてこの曲を聴き、宙を仰いで涙し、ついに感極まって泣き伏したという逸話が残されている)。
アンダンテ・カンタービレ
たまにはクラシック音楽も良いもんだと思う。詩にも曲にも心が洗われた。ここ1日~2日、心の洗濯ばかりしている。随分綺麗になったのだろうか?。まだまだ雑念、煩悩が溜まっているようにも思うのだが・・・。
テーマ : 今日のつぶやき | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
文字色無題
🌸4月28日(木)
『コテマリ・花言葉=努力する』



茨木のり子さんの詩集『自分の感受性くらい』を読む。以前「倚(よ)りかからず」という詩を読んだ記憶があった。15万部というベストセラーとなった詩集だった。
 もはや  できあいの思想には倚りかかりたくない もはや できあいの宗教には倚りかかりたくない  もはや できあいの学問には倚りかかりたくない  もはや いかなる権威にも倚りかかりたくはない ながく生きて 心底学んだのはそれぐらい  じぶんの耳目 じぶんの二本足のみで立っていて なに不都合のことやある 倚りかかるとすれば それは椅子の背もたれだけ

非常に感動を受けた詩集であった。今回読んだ詩である。
自分の感受性くらい
  ぱさぱさに乾いてゆく心を  ひとのせいにはするな  みずから水やりを怠っておいて 気難しくなってきたのを 友人のせいにはするな  しなやかさを失ったのはどちらなのか 苛立つのを近親のせいにはするな  なにもかも下手だったのはわたくし 初心消えかかるのを暮らしのせいにはするな  そもそもが ひよわな志しにすぎなかった 駄目なことの一切を時代のせいにはするな わずかに光る尊厳の放棄  自分の感受性くらい自分で守れ  ばかものよ 

この詩は1945年の敗戦を19歳で迎えた作者のなにもかも軍国主義一色で文化や芸術的なもの含めて一切合切が奪い取られていた時代に自分の胸中を綴ったものだとされる。
また、代表作として教科書にも多く掲載された詩がある。
わたしが一番きれいだったとき
 わたしが一番きれいだったとき 街々はがらがらと崩れていって  とんでもないところから青空なんかが見えたりした  わたしが一番きれいだったとき  まわりの人達が沢山死んだ 工場で 海で 名もない島で  わたしはおしゃれのきっかけを落としてしまった  わたしが一番きれいだったとき 誰もやさしい贈り物を捧げてはくれなかった 男たちは挙手の礼しか知らなくて  きれいな眼差だけを残し皆(みな)発っていった  わたしが一番きれいだったとき  わたしの頭はからっぽで わたしの心はかたくなで手足ばかりが栗色に光った  わたしが一番きれいだったとき  わたしの国は戦争で負けた  そんな馬鹿なことってあるものか ブラウスの腕をまくり卑屈な町をのし歩いた  わたしが一番きれいだったとき  ラジオからはジャズが溢れた 禁煙を破ったときのようにくらくらしながら  わたしは異国の甘い音楽をむさぼった  わたしが一番きれいだったとき  わたしはとてもふしあわせ  わたしはとてもとんちんかん  わたしはめっぽうさびしかった  だから決めた できれば長生きすることに 年とってから凄く美しい絵を描いた フランスのルオー爺さんのように ね 

心に染みる素晴らしい詩集であった。がさつな、ざっとした気持ちで何気ない日々を送る僕の心の栄養剤になったような気がした。心が満たされるというか、自分の生き方を見つめなおす良い機会となった。

昨日は、夜、本野地区の自治会長や市役所本野出張所職員さんの4月異動に伴う歓送迎会が予定されていた。また、5月3日~4日にかけて恒例の105kmウオークラリーが開催されるのでトレーニングを兼ねて歩いて出勤することに相成った。
自転車も飲酒運転になるのである。歩いた距離=16、958歩
テーマ : 今日のつぶやき | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
無題
🌸4月28日(木)
【スイート―ピー・花言葉=私を覚えてください】



『嬉しさ三題』
こんな日もある。だから人生って楽しい。
その1。僕のご意見番のナカヂ時計店主・中路邦男さんとのモーニングコーヒータイムを終えて社民党会派室で仕事していると「自転車議員さんですか?」と電話。僕の新聞3月市議会報告号1面でボランティア募集を見て電話してくださった。お聞きすると僕と同じフォークソング世代、音楽に興味があるとのこと。ギターで「月曜の声」を応援したいとのこと。暫し意気投合。5月2日の「月曜の声」で初対面を約束。感謝である。

その2。要約筆記会定期総会での出来事。会が終わって僕の新聞を配らせていただくと「仙人さん、近所に配りますから・・・」と志願してくださったご婦人へ20部ほど手渡し。感謝・感激である。

その3。こちらも電話でのやりとり。「新聞見て電話しました」とのこと。この御仁、なんと僕と誕生日が同じだとおっしゃる。更に笑いながら「2月8日は弘法大師が生まれた日」とも。これは冗談だった。つまり、僕が弘法大師空海さんを尊敬していて、お遍路とか高野山のことをいつも取り上げるものだから、「諫早の弘法大師」と言いたかったらしい。恐れ多くも、とんでもない言葉であった。
僕の読者に誕生日が同じという方が居られた。驚きである。

お布施と托鉢について昨日のブログに書いた。朝の中路邦男さんとのモーニングコーヒータイムの「演題」もそうであった。あちこちで熊本地震の募金活動がなされているが、アーケードでも若者たちが募金呼びかけを絶叫していて、とても違和感があったと中路さん。僕の考えを聞いて「なるほど」。

こんなこともあった。社会福祉協議会での出来事である。



テーマ : 今日のつぶやき | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
無題
🌸4月27日(水)
【フジ・花言葉=恋に酔う】




『「庭と小説にぴたりと身も心も寄せて老年期を迎えられたことが幸運でなかったら、いったい何だというのか」そんな有益な助言をもうひとりの私から受けつつ、近くて遠い、遠くて近い、ありとあらゆる命がきらきらと輝く次の春を待ちながら(中略)「極楽はかの世にあるわけではない。この世における庭こそが天国そのものかもしれない」そして、常に発展途上にある、唯一無二の浄土を造ることができるのは、幼稚にして卑劣な幻想から生まれた絶対的な存在者などではなく、ありふれた日常のちょっとした変化に一喜一憂し、恐ろしいまでに儚い命の糸をけなげに紡ぎつづける、吹けば飛ぶよな、一介の生身の人間に違いないのだ」。

「さもなければ夕焼けがこんなに美しいはずはない」という変わったタイトルの丸山健二の本のあとがきの一節である。丸山健二のこの言葉は含蓄がある。
『この世に生きることにはどんな意味があるのでしょう。仕事のため、家族のため、お金のため、社会のため。それらも生きる意味には なるでしょう。しかしもっと突き詰めれば、この世を生き抜き、 生き延びようとすること自体に意味があるのだと私は思います。
そして私たち人間には、 生きていくための力がそなわっている。すべての人間が底力を秘めている。この世に、 強い人間も弱い人間もいません。すべての人間が強い人間なのです』。
03375388_1.jpg


長野県安曇野に住み「孤高の作家」と評される著者のエッセイ集である。
内容は趣味で始めた350坪の庭造りの中で季節の花々や木々に寄せて1月~12月までを綴ったもの。とても印象に残ったのは「開花、開花という植物が存在しないように、成功、成功という連続の人生も存在しない」(2月)、「この世に存することの唯一の命題は、ひたすら生き抜くこと」(6月)。「あなたを堕落させる誘惑は常にあなた自身からもたらされ、しかも、あなたの周辺の者たちまでもがその誘惑にさらされる」(8月)。「本来具わっている力を信じ、万難を排して、その力を発揮しようとする者たちの輝きは、バラのそれをはるかに上回る見事なものになるだろう」(12月)。

信州・長野は行ってみたいところである。
「小諸(こもろ)なる古城のほとり、雲白く遊子悲しむ」(千曲川旅情 島崎藤村)はフーテンの寅さん「男はつらいよ」でも紹介された。
丸山健二のように、「孤高」に耐える強靭な生命力は僕にはない。でも、雄大な自然に囲まれて、人里離れて庭いじりをしながら小説を書く。そんな生活スタイルには大いに憧れる。信州・長野は行ってみたいところてある。
data=RfCSdfNZ0LFPrHSm0ublXdzhdrDFhtmHhN1u-gM,u5kupl_bjbvx4mCE4erq0Z1GYI1E6uMobuB0YaC1JlF0WMKoT-tELglfX02nXZzOzmFLFwNbZ_uNzTEEKhmWd24Ju8tUyTzUJNFyZlScd1RAvlMb08DdAN3r8uwOG8ukeYn-U






テーマ : ブログ | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
無題
🌸4月26日(火)
【ケマンソウ・花言葉=あなたについていく】

街頭宣伝「月曜の声」を正午から13時まで。それから昼飯を調達に。同時に僕が師匠と仰ぐ弘法大師・空海さんへのお供え物の花シバと菊を購入して市役所へ。街頭募金活動で集まった募金を福祉総務課へ手渡してから社民党会派室で食事を摂る。雑用しているとあっという間に15時になる。帰りに集落の鎮守の森を掃き清めて弘法大師にお供え物をして参拝してから我が家へ。
IMG_0170.jpg


それからが大変。基本的なは我が家では仕事はしないのだが、昨日ばかりは「子ども食堂」などへの助成金申請の締め切り日が迫っていてねじり鉢巻で事務作業。20時頃、やっと目処。それから晩飯となった次第であった。
仕事に追いまくられると、何故か人恋しくなる。寂しがり屋の仙人である。
テーマ : 今日のつぶやき | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
無題
🌸4月25日(月)
【ライラック・花言葉=思い出を大切に】



○○団体がとか××政党が、とかを前面に押し出して「災害義援金をいくら集めた」方式の発表は僕は好まない。何か売名行為みたいで良い印象がしない。時には鼻につく。僕も政党に所属(社民党)しているので党中央が義援金活動を開始したことは知っている。けれどもあまり良い印象は持たない。非常時、緊急時に困った人を救済するのに主義出張は関係ない。「困ったときはお互いさま」の支え合いなのだから。なので、街頭募金活動などは全て行政や赤十字社へ持って行くことにしている。自治会も熊本地震災害に一戸当たり200円の寄付(任意)を取り組んでいる。大いに結構なことだと思う。

今日も又「月曜の声」で募金活動を行う。前回(先週)はわずか1時間で39,670円の義援金が寄せられ、さっそく市役所福祉総務課へ持参した。避難生活の困難さを想うと心が痛む。1日も早い日常生活に戻れるように願ってやまない。
IMG_0169.jpg
テーマ : 今日のブログ | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
無題
🌸4月23日(日)
【ワスレナグサ・花言葉=私を忘れないで】



午前中、なにもなかったので、のんびり我が家で過ごすことにした。それが間違いの始まりだつた。世の中そんなに甘くなかった。
「お父さん、少し手伝ってもらえる?」と連れ合いさんの声。来た来た来た。少しではなかった。家の周りを草刈り機で刈る。ガラクタ類を焼却場に持って行く。「こき使われ」て昼飯にありついたのは13時過ぎ。もう腰の痛いのなんのって。「外出しとけば良かった」と思ったが後の祭り。でも綺麗になってゴールデンウイークを迎えられそうである。

お世話になっている親戚を訪問。田舎料理をふるまってもらいながら近況報告。帰ってくると、「自転車議員が駆ける」の郵送作業、夜の会議まで少し時間があったのでギャンブル場視察。ここは不況知らず。やはり、女性の姿が目立つようになったのが気になる。目算すると8割くらい(1,000人程度)の入り。うち半分近くは確実に女性である。「恥も外聞」もなく堂々と興じておられる。娯楽であるうちはよいのだが、やはり依存症が気になる。
IMG_0165.jpg
テーマ : ブログ | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲

プロフィール

多良岳の仙人

Author:多良岳の仙人
昨年還暦を迎えたのを節目として、「第二の人生」をどう生きるのかという課題を背負って、60年の人生を振り返り、これからの自分探しをテーマに四国八十八箇所のお遍路に行った。1400kmを「通し打ち」を敢行し無事38日間で結願した。今夏、高野山奥の院へ参拝。無事満願を果たした。


カテゴリ

リンク

アクセス数

アクセス数:
現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析