250px-Amana_edulis_Amana01.jpg
🌸3月31日(木)
『アマナ・花言葉=運が向いてくる』



『NPO法人理事長正式退任』
正直ホッ!と肩の荷が下りたような気分だった。
精神障害者支援に関わって15年くらい。後半の10年は障害者施設の理事長を拝命した。やはり、心の片隅に常に通所してくる障害者のことが頭から離れなかった。障害者自立支援法(平成18年)施行に合わせて小規模作業所をNPO法人化した。「精神障害者は無理」と言われていた宿泊研修も始めた。生活保護申請も数度関わった。半歩前、一歩前を目指して一緒に取り組んできたことにN君との二人三脚。佐世保~島原間105kmウオークラリーがある。2連敗後5連勝したN君は、いまや大きな生きがいになっている。ふれあいと交流の集いでパフォーマンスて゜障害者と一緒に出演して2年連続、賞をもらった。そんなこんな思い出がいっぱい浮かんでくる。いろいろあったけど楽しい、そして勉強させてもらった10年だったような気がする。「終わりは新たなスタートライン」


『一杯のコーヒー400円の価値』
高いか安いか、物は考えよう。毎週水曜日はナカヂ時計店主・中路邦男さんとモーニングコーヒータイム。コーヒー一杯で1時間粘る。1時間で400円は高いようでもある。でも、問題は中身。「ねぇねぇ仙人さん、こんな話し知ってる?」と話し好きのNさんがいつも言い出しっぺなのだが、いつも参考になる話が多い。と言うのも、僕はもともとサラリーマン、商店主の中路さんとは全く別の道を歩いてきた。だから「商売人がどんなことを考えているのか」とても参考になるのである。逆も真なりなのだろう。そんな訳であっという間に朝の1時間は過ぎ去る。「こんな話を聞けて400円とは安いものだ」といつも思う。

『「自転車議員が駆ける」新聞の校正』
喫茶店から、その足で第一回校正に持ってゆく。夕方、出来上がったと連絡が入り第2回目の校正。作成してくださるのは障害者の方なので僕が施設まで出かけていくことになる。障害者の権利条約で言う「合理的配慮」だと僕は思っていて全然平気。「私が新聞の割り付けを担当しました」と女性の障害者。「ありがとう」と僕。こんなふれあいが実に楽しい。

テーマ : 今日のつぶやき | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
無題
🌸3月30日(水)
≪ダイコン・花言葉=適応力≫

7年前に四国遍路通し打ち(1番札所~88番札所まで一気に巡礼する)に、我が人生の最大イベントとして挑戦し成就してから、何故か弘法大師・空海を「師」と呼ぶようになった。それは、宗教心からではないような気がする。四国遍路に1,200年伝わる伝説は「お接待」であり「無財七施」である。困っている人が居たら手を差し伸べるという道徳心を教えられたような気がする。

爾来、僕は弘法大師=空海を親しみを込めて「わが師・空海さん」と勝手に呼んでいる。
不思議な魅力のある僧でもある。死後100年経って弘法大師の称号を天皇から与えられた。一躍、日本のヒーローになった。即身成仏と言う教えを説き、今でも生きていると伝えられ1,200年間、毎日、温かい朝食が高野山奥ノ院に眠る空海にふるまわれる。

謎めいた僧でもある。宇宙を想像する大日如来を崇め、密教と言う4次元の世界を創造する。祈祷や阿字観などはまさにミステリーの世界である。そんな、現代では解決できない神秘性にも惹かれるのかもしれない。僕を宇宙から見守ってくれているように感じることがある。
IMG_0022.jpg


そんな訳で四国遍路から帰ってきてから7年間、集落のお守り地蔵さん=弘法大師・空海さんの掃き掃除・参拝は僕の役割となった。昨日も、花屋さんから仕入れた花シバを飾って般若心経を読経してから1日をスタートさせた。
テーマ : 今日のブログ | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
無題
🌸3月29日(火)
≪カタクリ・花言葉=初恋≫


朝の散歩が楽しい季節になった。山菜狩りである。愛犬オッシ―引き連れてさっそくワラビ採りにでかけた。まだ、寒いのでぼつぼつ出始めているという感じである。文字通り「朝飯前」の一仕事であった。
IMG_0019.jpg


















10km=14,000歩以上歩くということは、もう日課みたいになっているけれど、やはり疲労感はぬぐえない。でも、5月の105kmウオークラリーの疲労困憊を考えると大したことではない。でも、昼過ぎになるとどうしても睡魔に襲われる。特に月曜日は正午12時から街頭演説会をやる。「仙人さんの演説を聞きに来る人も居るよ」とナカヂ時計店主・中路邦男さん。だから、色々と創意工夫を凝らす。手抜きすると市民の皆さん方の反応ですぐわかる。

創意工夫を凝らして44回目の街頭演説会。つまり、昨年6月から連続44週取り組んできたことになる。我ながらあっぱれである。
おまけに今日は「月曜の声」の前に毎年訪れている精神科の病院長と色々と意見交換をした。NPO法人の嘱託医をしていただいているのでお礼かたがたのご挨拶である。話し好きの院長と障害者福祉、子どもの貧困対策、依存症対策などについて1時間程度意見交換をした。そして意気投合した。一日中、ずっと、おしゃべりタイムみたいになる。

{月曜の声」
飛び入り参加した80歳代後半の御婦人。僕が40分程度の演説を終わると僕に近づいてこられた。僕が「安倍内閣は女性の支持が急速に低下している」と世論の動向を演説したことに呼応してマイクを握りたいとおっしゃる。そして「徴兵は命かけても阻むべし母・祖母・おみな牢(ろう)に満つるとも」と声を張り上げた。とても印象に残った。
テーマ : ブログ日記 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
無題
🌸3月28日(月)
『ソメイヨシノ・花言葉=優れた美人』




ウグイスがすっかり啼き上手になってウグイス嬢になって「第九」のように、さえずり渡り、さわやかな目覚めを誘う。いつものようにコップ5杯の水を飲み→般若心経読経→「雨にも負けず」手話付き朗読→1時間の読書→愛犬オッシ―との散歩→玄米とみそ汁の朝食を終えてから、午前中は部屋の片づけをする。

なんとも本が散乱していてみっともない。整理していると、まだまだ読まなければならない本が山ほど。「積読」になった。でも、本って不思議である。向こうから誘いかけてくることがある。何か考え事をしていると「あっ!そうだ。こんな本があったよね」と書店で買い込んだ本を思い起こすのである。
IMG_0018.jpg



















読む本も、必要に迫られて読む社会・経済・政治。これは待ったなし。それ以外は気分次第でよむ。市議会会派室にも数冊置いてある。今、手に取っている本は「鬼はもとより」という青山文平氏の作品。昨年、67歳で直木賞を受賞した作家である。我が家では、誰憚ることなく寝そべって読む。ついつい陽気に誘われてうたた寝する。それが実に心地よいのだが、読書は進まない。つまり「ずんだれ」てしまう。つまり、僕にとっての終の棲家は仕事場ではない。のんびりと英気を養う場なのである。掃除やら読書やら昼寝やら訳の分からない自由時間で午前中を過ごす。

もう既に「生産年齢」は超えているのだが、なかなか隠居はさせてくれない。全国一般と言う地場中小で働く人々で組織する労働組合から団体交渉への出席依頼を受ける。団体交渉とは経営者側と労働組合が話し合う場である。アベノミクスと言うけれど、その恩恵は地場中小にはなかなか及ばない。消費者がお金を使うようにならなければ景気は上向かない。実質賃金は上がらない。非正規雇用は増え続けている。子育ても高齢者も大変な時代。「1億総受難の時代」を迎えている。団体交渉の場で現実をかみしめる。
テーマ : 今日のつぶやき | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
無題
🌸3月27日(日)
『ヒヤシンス=花言葉・控えめな愛』



僕の見果てぬ夢である。
NPO法人HOTHOTBOXのボランティア理事長、10年を節目に退任する。少し時間的に余裕ができそうだ。がしかし、やることには事欠かない。新たなNPO法人立ち上げの相談も受けた。子どもの貧困対策や依存症対策などである。それとは別に将来の夢として「80歳手話通訳士合格」がある。40歳代のチャーミングな女性市長の傍らで80歳の僕が手話通訳する。女性市長が恐縮しながら挨拶をする。こんな微笑ましい光景を思い浮かべるだけで楽しい。見果てぬ夢である。正夢になるかもしれないと思うとワクワクドキドキで脳内にはドーパミンがたくさん分泌しているに違いない。
images.jpg









さて、昨日は「週休1日制」を行使した。
こんな時は選挙区脱出に限る。長崎の喫茶店でコーヒー片手に優雅な昼食と読書を楽しんだ。周囲の目を気にすることなくのんびりできるので精神衛生上とても良い。僕の活力源と言ってもよい。
IMG_0016.jpg
テーマ : 今日のブログ | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
無題
🌸3月26日(土)
≪チューリップ・花言葉=魅惑≫




散々な結果だった。
全国一般労働組合のボーリング大会に誘われた。春闘(賃上げ・労働条件改善など)の時期に団結を強化するために毎年開催される。皆さんと交流して大いに楽しんだ次第。それはそれでよかったのだが、なにせスコア―がなんとも情けなかった。若い頃はボーリングは「順番待ち」するほど大盛況で日参したものであった。「昔取った杵柄」なのだが・・・
IMG_0014.jpg


ナカヂ時計店主・中路邦男さんは毎日、戦争法案反対の辻立ちをしている。僕も議会が閉会したので極力参加するようにしている。本番は「月曜の声」であるので演説はやらない。てなわけで立っていると終業式を終えた小学生たちがアーケードの空き缶拾いのボランティア活動をやっていた。「何してるんですか?」と通りすがりに聴くものだから「君たちが戦争に行かなくて済むようにおじさんたち頑張ってんだよ」と言うと、「へぇ~」。「どうだい、一緒に立ってみるかい?」。「いいよ」。子どもたちは素直で素晴らしい。この子たちを決して戦場へやってはならない。
IMG_0013.jpg

社民党会派室で事務作業していると市役所職員の人事異動発令があった。5名の部長が退職するなど、かなり大掛かりな移動になったようである。内情はよくわからないのでコメントは難しいが、目を引いたのは、女性部長が誕生したこと。退職者も40名近い。
「人事は予想した通りになった試しがない」と言われる。悲喜こもごもだったのではないか。
とある幹部と雑談。「市民のために働くような人事であってほしい」。




テーマ : ブログ日記 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲

プロフィール

多良岳の仙人

Author:多良岳の仙人
昨年還暦を迎えたのを節目として、「第二の人生」をどう生きるのかという課題を背負って、60年の人生を振り返り、これからの自分探しをテーマに四国八十八箇所のお遍路に行った。1400kmを「通し打ち」を敢行し無事38日間で結願した。今夏、高野山奥の院へ参拝。無事満願を果たした。


カテゴリ

リンク

アクセス数

アクセス数:
現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析