君の行く道は 果てしなく遠い  だのになぜ 歯をくいしばり  君は行くのか そんなにしてまで ♪♪ 君の行く道は 希望へと続く  空にまた 日が昇るとき  若者はまた 歩き始める  「若者たち」(作詞:藤田敏雄、作曲:佐藤 勝 唄:ザ・ブロードサイド・フォー)

【本野ふれあい会館・自主上映会】
本野ふれあい会館・自主活動グループ「子育てサークルオアシス」(代表 小野悦子さん)が主催した自主上映「ずっと、いっしょ。」を観た。会場には、子育て世代の夫婦、地元の民生委員、自治会長など150名が鑑賞した。映画の内容は、3つの家族のドキュメンタリー映画であった。
10198381.jpg




~ 血のつながりのない息子を育てる父親、最愛の妻を失った夫、不治の障害(18トリソミー)を持つ子を育てる夫婦。うまれる命、旅立つ命。いのちに向き合う3組の家族を描いた、愛の物語。「家族の絆とは何か?」を問う ~

なかなか見ごたえのある内容だった。ひとり一人の命の大切さ、かけがえのない命に向き合う。このような映画がなぜ感動を呼ぶのか。「人の命は地球より重い」と言われる反面、「自殺大国ニッポン」「ネグレクト」「親や子の殺人事件」などが日々のマスコミを賑わさない日はないほどに「命が軽い」現実がある。非正規雇用が蔓延して「結婚しない、結婚できない」20歳代~30歳代が蔓延しているのも事実である。親から子へそして孫へという命の連鎖すら断ち切る人々が増えている現実。こんな社会にあって、「生命・絆・家族って、なんだろう」と問いかけた映画であった。

テーマ : 今日のつぶやき | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
ギャンブル依存症になると、パチンコ店の開店時間とか競艇場のレース開始時間にはすべての私用を済ませて、その時間に、その会場に行っているという。なんとなく、分かるような気がした。
というのも、昨日は僕がそうだったから・・・。でもギャンブルではない。秘密の場所『M』へ13時には、どうしても行きたかった。なので、市議会一般質問の傍聴案内の郵送作業をなんとしても午前中に終えて電車に飛び乗った次第。行きたいと思うと願いは叶うものだ。
もちろん、帰りはJR長崎駅ビルの書店へ。2冊購入して帰る。
IMG_0680.jpg














「隠密行動」は変装して出かける。というか、こちらのほうが仙人スタイル。背広姿はどうも似合わない。私服に限る。「私服の時は至福」なのである。帽子かぶって、マフラーにジャンバーに登山靴は居て、「一見 ○○風」のスタイル。『M』から帰ると、お見舞いに3ケ所。105kmウオークラリーに7年連続一緒に参加している障害者のN君も見舞うことにした。病院には、こんな素晴らしい油絵が飾ってあった。諫早湾干拓以前の諫早湾に群生していたシチメンソウ=ハママツナである。「こんな諫早湾が良かったなぁ!」と思う。
IMG_0679.jpg


テーマ : ブログ日記 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
 北風吹きぬく寒い朝も  心ひとつで暖かくなる  清らかに咲いた可憐な花を  緑の髪にかざして今日も ああ  北風の中に聞こうよ 春を  「寒い朝」(作詞:佐伯孝夫、作曲:吉田 正 唄:吉永小百合・和田 弘とマヒナスターズ)

本当は登山スタイルで歩きたいんだけれども、背広姿で歩くことにした。というのも、昨日から市議会が開会するからである。出発は7時30分。とにかく寒いというより冷たい空気の中を2時間かけて、市役所に到着。途中、梅の花が満開を迎えていた。菜の花もチラホラ。この時期は草花が芽吹く時期だから、春遠からじを実感させてくれて、とても弾んだ気分になる。

それと、やはり、5月3日~4日にかけて開催される佐世保~島原間105kmウオークラリーがチラチラと気になりだした。トレーニングをしておかないと生半可な気持ちだと「地獄」を見ることになるから、そんな思いも交錯してできるだけ歩きに固執している。草花だけでなく、車から手を振ったり、クラクションが鳴ったり、人々と「ふれあう」ことも楽しい。でも、相手は僕のことを分かっているのだけれど、僕は相手が誰だか分からない。あっという間に通過していくので分からない。それでも誰彼なく、こちらも手を振る。

10時からは市議会本会議。市長の「施政方針」と今年4月からスタートする「第二次総合計画」をはじめ上程議案の趣旨説明が行われた。来週から本格的な論戦が始まる。市議会開会中に僕がひそかに楽しみにしていることがある。
テーマ : 今日のブログ | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
朝8時30分出勤、帰り着いたのが20時30分頃。夜空を見上げるとオリオン座と北斗七星が仲良く天空に輝いていた。「今日も無事1日が終わりました」と星たちに感謝したくなるような気分になる。そんな仙人の1日を追ってみた。

諫早税務署は9時から。でも8時50分頃に受付を済ますと「10番」の番号札。9時から確定申告が始まった。3名づつくらい職員さんが指導、なかなか順番が回ってこない。終わったのは10時過ぎ、慌てて自転車にまたがって市役所へ。急ぎの書類を整理して市民センターへ。今日は佐賀県で開催される「平成27年度 社会福祉推進事業」一般社団法人 全国地域生活定着支援センター協議会「第5回九州ブロック専門研修会」という長ったらしい名前の研修会に参加するために友人のマイカーで佐賀「グランドはがくれ」に向かう。
IMG_0675.jpg













どういう研修かというと参加者の顔ぶれを見れば想像つく。①刑務所 ②少年鑑別所 ③社会福祉法人 ④NPO法人 ⑤保護観察所 ⑥断酒会 ⑦行政 ⑧ボランティア ⑨地域生活支援センター職員。つまり、刑務所を出所してもまた直ぐ罪を犯して舞い戻る。そんな犯罪を繰り返す人々を、社会資源=福祉に結びつけて更生を手助けするという職業に関連する人々が集まった。会場は九州各県からの参加者であふれた。
IMG_0676.jpg













基調講演は「『助けて』と言える社会を目指して」と題して、奥田知志氏(NPO法人抱僕理事長/ホームレス支援全国ネットワーク理事長が講演、特別講演は諫早にある長崎県央保健所所長でもある精神科医の大塚俊弘氏が「知的障害と犯罪」と題して講演された。
犯罪を繰り返し、やっと障害者福祉サービスを利用した社会福祉施設につながって、社会復帰を目指す当事者の体験発表もあった。
IMG_0674.jpg
テーマ : 今日のブログ | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
「足るを知る者は富む」『老子』

水曜日はモーニングコーヒータイム。社民党の新聞を配り終えて喫茶店に向かう。もうかれこれ何年続いているのだろうか?。
僕と一緒に「月曜の声}(戦争法案反対街頭行動)をやっているアーケード・ナカヂ時計店・店主=中路邦男さんである。自然と会話は「月曜の声」が中心。とにかく、悔いを残さないように、今、自分にできることを精いっぱい取り組んでいこうと意気投合。
IMG_0670.jpg














それにしても、恋人同士でもなく女性同士でもなく男同士で、コーヒー一杯で1時間、長い時は2時間、よくよく話題があるものだと思うが、話は尽きない。昨日は、活動を続けるために、何に一番心がけているか。それは「風邪をひかないこと」で一致。つまり体調管理。「月曜の声」も40回。つまり、40週連続である。昨年6月から継続している。つまりは、約9ケ月風邪をひいていないということになる。

そんな他愛もない話で1時間過ごす。でも、志を一にしている者同士の会話だから楽しい。中路邦男さんの奥さん曰く「あんたたちは恋人同士のごたるね。毎週毎週なんば話よっとね」。また、僕の連れ合いさんが南極探検に行ったことに対して「仙人さんの奥さんは幸せな女性」と言ったという。少し面映ゆかったけど、悪い気はしない。

中路さんが最近一番感動したことは、先月の豪雪の時、僕が3時間かけて「月曜の声」に歩いてきたことだという。アーケードは凍えそうで閑散としていたけれど、僕の心意気が中路さんに伝わったという。そんな僕に触発されて現在は毎日、アーケードで横断幕を持って辻立ちしているという。かけがえのない友人である。
テーマ : ブログ日記 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
今の僕は、読書がストレス解消になっている。とても許しがたい仕打ちを受けて、どうにもこうにも気持ちをコントロールすることができない。けれど「やけ酒」とか「ギャンブル」で気を紛らわそうと思わないではないが、それでは、余りにも自分自身にふがいなさ、つまり、後々後悔にさいなまれるような気がするので、読書に没頭することにしている。ところが、それが「怪我の功名」ではないけれど、実に気分転換どころか面白くなってしまって、大いにストレス解消になっている次第。
作家は青山文平氏。今年の直木賞受賞者。還暦を過ぎた67歳。最年長受賞に近い。僕と同年輩ということもあって興味を抱いたのであるが、作品も、どうして、とても面白いのだ。「乳房」を読了。~艶めかしいタイトルだが、女性が主人公。すべて叔父のためにと思い込んでいた那珂の身に起きた意外な展開に、一転して感じられる痛快な面白さが楽しい~「本の帯から」。

昨日も歩いて出勤。これもストレス解消に役立っている。身体が少々疲れるぐらいが余計なことを考えなくて済む。16,508歩、歩く。12kmくらいだろうか。少し汗かいて10時からの議会運営委員会に臨む。議題は3月議会の日程と代表質問・一般質問の順番の抽選である。僕は一般質問最終日のしかもトリを務めることになった。今回は4項目にわたって市長はじめ市当局とのバトルに挑む。
議会運営委員会が終わると11時から「聞き取り」が始まった。質問項目を担当する課長や課長補佐が質問の趣旨や市長・部長の答弁書作成のため、微に入り細に入り聞いてくる。

「やらせ」ではないかとの指摘もあるが、僕は、テレビの実況中継があることや、決して当局とのやり取りで妥協するのではなく、主張をはっきりさせて、対立点はそのまま本会議に持ち込むことにしている。それと、現場第一線の職員と意見交換することは大いに勉強になるのである。だから、忙しい最中ではあるが時間を惜しまない。結局2時間をオーバーしていた。
IMG_0667.jpg
テーマ : 今日のつぶやき | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲

プロフィール

多良岳の仙人

Author:多良岳の仙人
昨年還暦を迎えたのを節目として、「第二の人生」をどう生きるのかという課題を背負って、60年の人生を振り返り、これからの自分探しをテーマに四国八十八箇所のお遍路に行った。1400kmを「通し打ち」を敢行し無事38日間で結願した。今夏、高野山奥の院へ参拝。無事満願を果たした。


カテゴリ

リンク

アクセス数

アクセス数:
現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析