「継続は力なり」と思うが、同時に「いつまで続けるのだろう?」とも思う。昨日、脱原発金曜日デモ「イサキン」1周年記念デモが雨の中決行された。ギター演奏もあって、♪故郷♪をみんなで合唱して決意を固めあった。
あの3.11から2年半、これまでの活動について振り返ってみた。

「とんでもないことが起きてしまった」。政府が「直ちに健康に影響はない」と繰り返す報道を喫茶店で聞きながらNさんと思った。真実が伝えられていない。「市民に真実を伝えなければ・・・」。

4,000枚のチラシを配った。はがきや手紙で何百枚も案内をしてくれたNさん。口伝に誘ってくれた人。色んな人々の呼びかけで集まった300人の人たち。想いは共有されていた。ボランティアで手作りの講演会であった。朝からの諸準備、ワープロで横断幕や立て看板を準備してくれたTさんをはじめ、本当に多くの方々の協力の下、藤田祐幸先生(元慶応大学助教授・物理博士)にご講演いただいた。障害者の団体からバザーの申入れがあったが快く了解した。災害時に真っ先に被害を被るのは障害者である。長崎市と佐賀県から脱原発の運動を進めるグループの女性リーダーも参加してくれた。そんな熱気に包まれ、席を多めに用意していたのだが足りなくなって、床に座る人もいた。市民の脱原発の想いを共有できたと思っている。
中央でも「さようなら原発1,000万署名」活動が立ち上がった。
テーマ : 今日のつぶやき | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
小生をいつも慕ってくれるS君が居る。障がいがある。けれど、とてもがんばり屋で今年に入ってから障害者福祉施設の「福祉的就労」を卒業して「一般就労」(普通の職場)で働いている。今はパートだが、正社員になりたいと頑張っている。S君と会うと「昼飯、奢ろうか」と彼のがんばりを祝福したくなる。たま~には焼き鳥屋さんでビール飲みながら職場のことを聴いたりして、「色々あるだろうけど・・・とにかくがんばれ!」とエールを送る。

その「焼き鳥仲間」の、やはり障がいのあるN君と夜、S君のお母さんのお通夜にでかけた。N君は不遇な過去を持つ。N君は60歳、これまで葬儀などにはほとんど列席したことがないという。「行かんばやろか」と相談受ける。「友達やろ、行かんばさ」と小生、そしたら「仙人さん!なんば着ていけばよかろうか?」と相談受ける。

N君は借家で一人暮らし。迎えに行くと、真新しいYシャツを着ていた。100円ショップで買ってきたという。みんな、ハンディを抱えながら「よく頑張っているな」と思う。障がいを持つ人の自立への道筋は厳しい。でも、小生の周りには一所懸命生きている障害者が居る。

テーマ : 今日のつぶやき | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
1日を時系列で振り返ってみた。
3時起床・般若心経・読書 4時~ブログ更新・手話特訓 5時~散歩・手話特訓 7時いざっ出勤 7時30分~社会新報配達 8時~Nさんとのコーヒータイム 10時~水道局との打ち合わせ 10時30分~障害福祉課 11時~市民相談 12時~お好み将棋対局 13時~市民相談(生活保護課へ) 14時~市民相談(障害福祉ボランティア) 15時~市民相談(市有地売買) 19時~諫早湾干拓開門調査説明会 22時30分~晩飯 23時30分就寝。 こんな風でなかなか一般質問の準備が捗らなかった。合間合間に図書館に行ったりで、9階までの階段の上り下りが3往復だった。日程が立て込んでいただけでなく内容も極めて充実した一日だった。

Nさんからは、「ヘイトスピーチ」のスクラップ(新聞切抜き)と「知覧特別攻撃隊」という本を貸していただいた。話題も知覧特攻基地の問題で大いに議論が深まった。30分位で読める本だったので議会控室で読む。「ホタル」の伝説話も乗っていた。高倉健主演で映画化されたりもした。戦争もので小生が印象に残るものとして「指揮官たちの特攻」(城山三郎)「三度の海峡」(帚木 蓬生)「永遠のゼロ」(百田尚樹)「少年H」(妹尾河童)そしてNさんからは「はだしのゲン」の閲覧問題などで9時40分くらいまで「時事放談」が続いた。それからは上記のような日程をこなした次第であった。

でも、頭の隅にもやもやとしているものがあったので、なにか、その原因が分からないまま図書館内を15分位ぶらぶらした。そして、やっと原因を探し当てた。やはり、そうだったのか。
テーマ : ちょっとしたこと書きます | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(1) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
「僕の存在価値って何だろう?」と思うときがしばしばある。そんな時は必ずといっていいほど悩み事や不安がある時である。それも漠然とした、おぼろげなものである。おそらく、個人的なものと社会に対するそれとない交ぜになっているのだろうと思う。それも煩悩がそうさせるのかもしれない。そんな現実を逃避してみたくなる時がある。朝、星空を眺めながらそう思う。叶わぬ夢だからこそ見果てぬ夢かもしれない。人生は思い通りにはいかない。だから、切なくもあり愛おしくもあり狂おしくもあり悲しくもある。否、だからこそ楽しいのかもしれない。少し凌ぎやすい天気になって心がときめいているのかもしれない。

9月議会の準備に取り掛かろうと市役所に。議員控室がある9階まで当然のごとく階段を利用する。息が上がりそうになるが、そこは「仙人の日常活動のバロメーター」、頑張って階段を昇りかけると、こんな時に限って電話が入る。議員になる前は放ったらかしにするのだが今はそうはいかない。息せき切りながら電話応対。また、こんな時に限って込み入った長電話。お盆前後は落ち着いていたが、市民相談が2件、みなさん、本当に色々と大変なのだろうと思う。

テーマ : 独り言 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
朝3時、本当に綺麗。雨上がりの星空、キラキラと輝いている。下弦の月とオリオン座と明けの明星、数々の星たちが嬉しそうに光り輝いている。暫し、夜空の天体ショーに見惚れる。夜中にも目が覚めた。タオルケット1枚で寝ていたら寒いのなんのって・・・。さて、本日の誕生花は「ユウガオ」花言葉は「魅惑の人」である。今宵の星空にピッタシカンカン。魅惑の星空に魅惑の人、これ以上のロマンティックな表現はあるまい。なにか良いことありそうな予感がする。(願い事が届きますように・・・)。

昨日は1日中、ドングリプロジェクトの準備と後整理に追われる。でも、育苗してくださっている方々が20数名も集まっていただいて、実に楽しく話し合いができたので大いに満足している。詳しくは後日諫早でどんぐりを育てて被災地を支援しように掲載予定。1年半後には被災地へ送り返すことになるが、今後の取り組みが大いに楽しみである。

テーマ : みんなに紹介したいこと | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
我が家の愛犬はオッシーである。オーストラリアから諫早商業高校に1年間、留学に来た女子高生をホストファミリーとして我家に引き受けた時、命名してくれた。オッシーとはオーストラリア国の愛称である。

最近は猛暑続きかと思えば一転大雨、異常気象に戸惑うばかりだが、雨の合間を縫って散歩に出かける。オッシーにとって雨は関係ない。5時頃になると「クン!クン!」と鳴き出す。さっそく、オーディオプレーヤーとデジカメと持って出発である。

最近の散歩のスタイルは音楽に合わせて手話の指文字を練習するようにしている。ユーチューブで単語と読み取りの特訓は続けてはいるのだが、なかなか上達しない。そっちに熱中すると指文字を忘れてしまう。年齢のせいにはしたくないのだが・・・。

帰って来ると、この大雨で予定されていた行事が全てキャンセル。1日中暇になった。そこで、まずは本野地区のパトロールに出かけることにした。1時間近く山間部を中心に回る。途中、一人暮らし家庭の見守り。今のところ異常なし。さてっ!、なにするか、貧乏性だから黙って家に居れない。
テーマ : みんなに紹介したいこと | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(2) |  トラックバック(0)
Pagetop▲

プロフィール

多良岳の仙人

Author:多良岳の仙人
昨年還暦を迎えたのを節目として、「第二の人生」をどう生きるのかという課題を背負って、60年の人生を振り返り、これからの自分探しをテーマに四国八十八箇所のお遍路に行った。1400kmを「通し打ち」を敢行し無事38日間で結願した。今夏、高野山奥の院へ参拝。無事満願を果たした。


カテゴリ

リンク

アクセス数

アクセス数:
現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析