独りぼっちのお疲れ様!  

2013年06月29日(土)
4年間、務めさせていただいたボランティア連絡協議会の会長を本日、退任した。本当に不十分な活動に終わって皆さんに迷惑かけたけど、自分なりには一所懸命活動させていただいたと思っている。今日は会長としての最後のご挨拶をさせていただきながら色々と、過ぎ去った4年間が走馬灯のように思い起こされた。

コーヒー仲間のNさんから「男は、特に政治家は人前で泣いては失格」と釘を刺されていたので、さすがに我慢せざるを得なかったが、帰って来て、独りぼっちになると発泡酒を片手に自問自答した。
連れ合いは東京出張なので、こんな心境の時は独りぼっちも良いものだと思う。だれにも憚ることがない。発泡酒を飲みながら自分に向かって「お疲れ様でした!」・・・と。最近、何故か涙もろくなった。

また、新たな挑戦が始まる。
先日、街頭宣伝で「お前はお前にしかできない、素晴らしい議員活動がある。それにみんな期待している」と声をかけていただいた。あれもしたい、これもしたい、本当に煩悩との葛藤の連続の日々だが、「この人生に悔いはなし」「なるようにしかならない」と思ったりもする。俺の人生ってこんなもんなんだろうと思う。それはそれで満足している仙人が居る。

誰かとカラオケにでも行きたい気分だが・・・。

♪ 一番星に祈るそれが私の癖になり  ゆうぐれに見上げる空心いっぱいあなたさがす  悲しみに喜びも思うあの笑顔  あなたの場所から私が  見えたらきっといつか会えると信じ生きてゆく  晴れ渡る日も雨の日も浮かぶあの笑顔  思い出遠くあせても  さましくてこいしくて君の想い涙そうそう  会いたくて会いたくて君への想い涙そうそう  「涙そうそう」(作詞:森山良子 作曲:唄:BEGIN)
テーマ : 日々の出来事 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(2) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
午前中は参議院選挙の準備作業、午後からは街頭宣伝に繰り出した。6月市議会が閉会になっておそらくトップバッターの街頭宣伝のはずだ。国民健康保険、天下り、市長退職金、諫早湾干拓、障害者福祉、社会福祉協議会etcに加えて参議院選挙のことを思いの丈を街頭からお話しさせていただいた。6月議会を振り返ってみれば自己採点ではどれくらいだろう?。傍聴者に限って言えば17回目の質問の中で一番多かったが、一般質問は相変わらず時間不足、つまり追及不足だった。総合点は60点と言うところか。そして、『自転車議員が駆ける』を印刷会社に発注、早いのが取り柄である。

しばらく、本日(6月29日)の諫早市ボランティア連絡協議会の準備をして夕方は脱原発・原発再稼働反対の「金曜日デモ」に参加した。いつものメンバーに加えて新聞記者の顔も見える。
家に帰りついて郵便物をチェックしていると中にハガキがあった。裏面を見ると西日本新聞コラム「春秋」の5月3日号、つまり憲法記念日のコラムがコピーされて添付してあった。現行憲法が施行された1947年に文部省が作った「あたらしい憲法のはなし」(中学1年・社会科教科書)が掲載されていた。
テーマ : ブログ日記 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(2) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
午前中は予算・決算委員会が開催された。常任委員会に付託された予算案について4つの常任委員会の報告、午後からは、補正予算を含めて全ての議案についての採決が行われた。小生は午前中、総務委員長報告に対して「防災マップ作り」に関する議案質疑の状況について質疑した。
午後からは、スムースに採決が進んでいったが「補正予算」について、「学校給食センター化・漁業補償」について反対であるので「補正予算に反対である」との意見、採決の結果、原案通り可決。小生は、確かに個別案件で見れば色々と納得できない議案もあるが、だからと言って予算案全体を否決することにはならないと判断して「賛成」に回る。続いて「職員給与引き下げ」議案について反対意見。確かに国が交付税を削減して有無を言わせない形で職員給与削減を行ったことに対しては言語道断なのだが、職員組合との合意が成立しているので「賛成」の意思表示をした。そして、最後に「国民健康保険料の国庫補助を引き上げる請願」の採択が残された。
テーマ : 今日のブログ | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
6月議会の新聞作りと定例議会最終日の対策を考える1日だった。
朝7時30分頃、市役所の階段を9階まで歩いていると携帯電話が着信、例によって例のごとくNさんからモーニングコーヒーのお誘いである。喫茶店での開口一番「都議選をどう思うか」と議論を吹っかけられた。小生は冷めていた。つまり、民主党政権のズッコケ、そんな敵失から自民党の圧勝は目に見えていたからだ。それと日常活動の積み重ねが勝敗を左右するのだろうと・・・。Nさんとほぼ同意見だった。

「あなたに幸せを届けたい」~限りある命の日々を、精いっぱい生きていこう!~(村上暁子著)をNさんから薦められていたので読書感想を述べた。諫早在住の全盲の女性の半生記であった。ハンディ、しかも全盲という大きなハンディを抱えながらも、精いっぱい生きて来られた生い立ちが語られていた。Nさんは、自分のお父さんも身体障害者であったために「時計屋さん」を職業としたことなどを語った。小生はボランティアについて語った。障害のある人も健常者も共に暮らせる社会はいつになったら実現するのだろうか?。「長崎県差別禁止条例」が、国においては「障害者差別解消法」が成立したが、『合理的配慮』というとても幅広い奥深い、だけれども、曖昧な言葉で綴られた法律のような気がする。ソフト面でもハート面でも「障害者の権利条約」の国内批准までにはまだまだという感じがする。
テーマ : 今日のブログ | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
ここ10日間くらい自転車に乗れない。うっとうしい雨が恨めしい。やはり小生にとって自転車はトレードマークであるので早く梅雨が明けてくれないと困る。教育福祉委員会審議を終えて、あとは27日の6月議会最終日での議案採決に向けての準備をするだけとなった。少し余裕ができたので、ぼつぼつ新聞作りのために4月から以降の取り組んできたことを整理した。
テーマ : 日々の出来事 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
午前中は諫早文化会館で開催された「長崎県学童保育連絡協議会」総会に出席した。
今や共働きが当たり前であり、また、一人親家庭などで小学校の放課後から「かぎっ子」対策として学童保育が整備されてきた。昨年8月、「こども子育て支援3法」が成立し2015年に施行に向けて制度の更なる整備が検討されていく。特別報告の北諫早小学校の「北小クラブ」の報告がすばらしかった。今、子どもたちに一番求められているものを追及していく。例えば「遊びの天才になろう」とか、一人っ子が多い中で、キャンプなど集団生活を通して「兄弟・姉妹」としての場所、学童保育が家庭や学校で不足しているもの、いわば「地域力」というか、そういうものの果たしている役割がよく理解できた。各地区報告でも諫早市連協は「どんぐりを育てて東北被災地支援」などユニークな取り組みが目についた。でも、子どもの健全育成に深くかかわりあっている学童保育ではあるが、内情は、特にソフト面として指導員の配置基準や処遇は劣悪な条件にあり、大きな課題が残されている。
午後からは市民センターの講演会に足を運んだ。


テーマ : 今日のブログ | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
午前中は社民党の会議。参議院選挙直前になっての様々な打ち合わせを行う。午後からは街に繰り出した。4月の市議会議員選挙終了直後から毎週1回街頭宣伝を行っている。とにかく暑かった。汗だくだくになりながら、自民党・安倍政権が参議院選挙公約として打ち出した、「原発再稼働反対」「憲法96条「改正」反対」を声を枯らして訴えた。自転車を停めて聴き入ってくださった方、わざわざ駆け寄ってきて、小生の話を20分間近く聞いてくださった方etc少しづつ手ごたえを感じる。富士山が世界遺産に登録されたとの朗報が飛び込んできたが、「日本国憲法」も世界に誇れる日本の「世界遺産」だと思う。
一緒に参加している同僚から「田添さん!20分間の演説は長すぎるよ」と言われるけれど、どうしても熱が入ってしまってそうならざるを得ない。参議院選挙公示まで10日間、梅雨空を吹き飛ばす勢いで街頭宣伝を続けていきたいと思っている。
テーマ : みんなに紹介したいこと | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(1) |  トラックバック(0)
Pagetop▲

プロフィール

多良岳の仙人

Author:多良岳の仙人
昨年還暦を迎えたのを節目として、「第二の人生」をどう生きるのかという課題を背負って、60年の人生を振り返り、これからの自分探しをテーマに四国八十八箇所のお遍路に行った。1400kmを「通し打ち」を敢行し無事38日間で結願した。今夏、高野山奥の院へ参拝。無事満願を果たした。


カテゴリ

リンク

アクセス数

アクセス数:
現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析