朝、起きたら携帯電話がないことに気付いた。それからが大騒動であった。とりあえず、出勤して「社会新報」(社民党新聞)を配達して、仕事場へ向かう。「おそらく、仕事場に忘れていたのだろう」とい楽観していた。実はこの話には「落ち」がついていてなんとも、情けないやら悩ましいやら、そこら辺を八つぁん、熊さんに語ってもらった。午後からはボランティアフェスティバル打ち合わせ、一般質問聞き取りと充実した1日であった。
テーマ : みんなに紹介したいこと | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(2) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
高倉健さん、田中裕子さんが共演した「あなたへ」の原作本で「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」という言葉に出会った。‘なるほどっ’と感心したものだが、でも、よくよく考えると『言うは易く行うは難し』なのである。変えられない自分がいる。つまり悩み深いそんな人生を誰でもが送るのだろうか?。小生の大好きだった加藤和彦さんにこんな唄があった。
テーマ : 本日のオススメ | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(1) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
日曜日に仕事場に行くとNPO法人「ほほえみ諫早」の健康教室が開催されていたので、飛び入りで参加した。「ほほえみ諫早」は人工透析患者の方々の送迎支援などを行っているボランティア組織で諫早市ボランティア連絡協議会(田添政継会長)にも登録されていて代表者とは顔なじみである。腹式呼吸を取り入れた体操であった。一般質問を仕上げようと思っていたが、ちょっと覗いてみることにした。でも、面白くなってちょっとではすまなくなって午前中いっぱい参加する羽目になった。でも、本当に楽しいひと時だった。午後からは「ねじり鉢巻き」で一般質問内容の検討に入った。

我が家を出がけに朝刊を見ると「電力出身議員」の記事が大きく報じられていた。
テーマ : みんなに紹介したいこと | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
『さあ、この国を変えるとしようか、それも、たったの100円で』のスローガンで第2回全国100円商店街サミットが11月23日山形県で開催されたという。山形県新庄市は「100円商店街」発祥の地である。その模様を山形新聞が特集している。全国100円商店街サミット

実は以前、商店主のNさんから発案者の本を紹介されて読んだ記憶がよみがえった。
昨日は全国サミットに呼応して諫早アエル商店街でも『100円商店街』が開催された。足を運んでみた。大変な賑わいであった。1杯100円のぜんざいには長蛇の列。1日1食主義の小生の腹が、グゥ~と「何か食べさせてくれ~」と声をあげた。余程、列の最後に並ぼうと思ったが、次の約束事もあってじっと我慢して名残惜しく通り過ぎた。
テーマ : みんなに紹介したいこと | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(1) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
忘年会などの翌日はさすがに4時起床はできない。6時に起床してブログ更新、集落のお守り地蔵=お弘法さんにお参りして、一人暮らしの家庭訪問して出勤した。10時から社民党事務所で事務整理。少し時間があったので図書館にでかけた。あいにくの休館日。13時の予定行事まで空間ができた。

散策することにした。
市民センターでは退職教職員の方々の作品展が開催されていたので観た。何人かの知り合いの方も出展されていた。道々の紅葉が綺麗だったので上山公園に行ってみることにした。
テーマ : 今日のつぶやき | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
手話のレッスン講座が少し楽しくなりつつあるのだが、この時期、行事が立て込んで昨日は、やむなく休んでしまった。忘年会とガッチャしてしまった。中小企業で働く人々の忘年会にお誘いをいただいた。日頃の厳しい労働環境の中で働いている人々と色々と語った。大村のゴルフ場が倒産するなど、地場中小企業で働く人々は常に倒産と背中合わせである。小生のお遍路記についても何故か大きな話題になった。それは、現実の厳しさと定年を迎えて「こういうことをしてみたいなぁ!」との希望、願いが込められていたように思う。体験談を語ると熱心に質問をいただいた。最後は「でも、歩き遍路は無理」と、なんともコメントしょうがない結論に終わった。
中座して次の会場へ行った。
テーマ : 伝えたいこと | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲

プロフィール

多良岳の仙人

Author:多良岳の仙人
昨年還暦を迎えたのを節目として、「第二の人生」をどう生きるのかという課題を背負って、60年の人生を振り返り、これからの自分探しをテーマに四国八十八箇所のお遍路に行った。1400kmを「通し打ち」を敢行し無事38日間で結願した。今夏、高野山奥の院へ参拝。無事満願を果たした。


カテゴリ

リンク

アクセス数

アクセス数:
現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント


月別アーカイブ

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析