新聞配達もしなければならずてんやわんやの状態であるが、午後からは精神障害者通所施設NPO法人HOTHOTBOX(田添政継理事長)の理事会が予定されていたので、午前中はレジュメ作成に追われた。机上業務をしていると色んな人が顔をのぞかせてくれる。「仙人さん!一人で寂しくないですか?」とa女史、「いよっ!仙人」とはK女史、「今日は折り姫隊ですっ!」とN女史、みんなボランティア仲間である。その、なにげない声かけ、配慮が嬉しい。昼休みに1階に行くと、そこでは福祉団体の職員さん達が昼食弁当を食べている。「美味そうですね」と恨めしそうに話しかけたが、真意は伝わってなかったように思う。この方達は小生がまだ「1日1食主義」を貫いていることをご存じないのだ。小生の腹の中は「ぐーぐー」と鳴っている。携帯メールに「多良見の竜神さん」から、多良見図書館講座や干拓問題でのコメントをいただく。毎日毎日、色んな人と縁があってお付き合いさせていただいている。「因縁」である。こんな感動的な縁もあった。
テーマ : こんなことがありました | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
郵便物の中に「お礼状」が、時々届く。とても爽やかな気分になる。頼む時は必死にお願いされることも多くあるが、終了して手紙や電話できちんと連絡してくれるかというと、そうでもないケースもある。だから、「お礼状」が届くと殊更、遅れ主の必至さ、一所懸命さが伝わってくる。一所懸命に考えておられる方には誠心誠意、全身全霊を傾けて応えていきたいと思う。土・日、あちこちで一所懸命な人々と出会った。
テーマ : こんなことがありました | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(1) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
朝一でクリーンセンター100条委員会の原稿を書き上げて委員長にFAXする。
本日は9時から22時まで、びっしりと聴覚障害者支援活動が予定されていた。只今帰宅してシャワー浴びて22時40分。ブログ書きながら窓の外を見ると半月がとても綺麗。少し涼しくもなってきた。我家はクーラーがないので団扇が手放せないが、この時間になると風が少し爽やかに感じるようになった。
テーマ : こんなことがありました | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(1) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
オリンピックが始まった。日本女子に続いて男子も白星発進である。どちらも強豪相手の白星とは幸先良い。とりわけ男子は優勝候補のスペインを破っての勝利だから価値がある。これからが楽しみである。でも、小生の場合は時差に耐えられない。試合中は夢の中で、朝からのインターネットでチェックするようにしている。朝からはびっしり予定が詰まっているので夏バテ防止に十分な睡眠は欠かせないのである。

テーマ : こんなことがありました | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
11時から冨川渓谷に行く必要があったので自転車ではなく自動車での活動になった。昨日も朝7時から社民党の新聞配りから1日をスタートさせた。終ると本野地区の周辺部、神立~狸穴~広谷付近を11時前までに配ることにした。とにかく、4~5軒の集落ですでに限界集落と思われる地域である。でも、みんな待っていてくださる。「仙人さんは今日はどこどこ配ってきたですか?」と、とあるところで尋ねられたので上記の集落名を言うと「たんげなもや!」と返事が返ってきた。ん?ん?ん?と首をかしげていると狸穴の集落を地元の人は「たんげな」と呼ぶとの事。配り終えると冨川渓谷へ大急ぎで移動した。久しぶりの冨川渓谷訪問である。若いときはここの大雄寺に合宿に来てよく泊まったものである。
テーマ : 今日の日記的なもの。 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(1) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
朝の出勤が7時が定番になった。新聞配達のためである。同時にこの暑さ対策として早めに配りたいとの思惑もある。それとスケジュールの関係もある。1日中、行事が何もないというのは稀である。行事の前後に配達することになる。予め大村との境界に近い集落に配る予定だったので真っ先にかけつけた。昨日も暑い暑い一日だった。家に帰ると大リーグ・イチロウ選手の電撃トレードというビッグニュースが待っていた。
テーマ : 日々の出来事 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲

プロフィール

多良岳の仙人

Author:多良岳の仙人
昨年還暦を迎えたのを節目として、「第二の人生」をどう生きるのかという課題を背負って、60年の人生を振り返り、これからの自分探しをテーマに四国八十八箇所のお遍路に行った。1400kmを「通し打ち」を敢行し無事38日間で結願した。今夏、高野山奥の院へ参拝。無事満願を果たした。


カテゴリ

リンク

アクセス数

アクセス数:
現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント


月別アーカイブ

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析