新幹線西九州ルートを含む未着工区間の着工が決定された。長崎ー諌早間が認可された。この国の将来を憂う。既に1,000兆円の借金、つまり、赤ちゃんからお年寄りまで国民一人1,000万円の借金を抱えているというのに、この国は一体どうなっていくのだろうと心配になる。「打ち出の小槌」があるわけでなく、全て国民にしわ寄せがくる。消費税を1パーセント上げると2兆7千億円増収になる。整備新幹線は3兆4千億円かかる。民主党政権がかかげた「無駄な公共事業」として自民党政権時代にやり玉に上がっていたのが、この整備新幹線とダム建設であった。全部認めてしまった。挙句に自民党でもできなかった消費税まで公約違反してまで上げようとしている。「自民党政権よりはるかに堕落している」と言われる所以である。さて、新幹線西九州ルート、これこそ「無駄な投資」であることは、多くの県民・市民が知っていることである。
テーマ : こんなことがありました | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
6月定例議会が終って、今、“何をなすべきか”を考えた。喫緊の課題は脱原発の取組み以外ないだろう。確かに消費税の問題にも憤りを隠せないが野田民主党政権に何も期待しない。まるで、原発のように暴走する野田民主党内閣で、どうしても許せないのが原発の再稼働である。人類の滅亡への道であるからである。そこで、〔仮称〕『脱原発・森の長城プロジェクト諌早市民の会』なるものを立ち上げたいと思っている。“善は急げ”で7月11日(水)・13時30分~社会福祉会館(新道町)に有志に集まっていただいて準備会を開催したいと思っている。
テーマ : こんなことがありました | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
昨日は電力各社の株主総会が一斉に行なわれた。電力の大株主は銀行・生命保険会社・マスコミ・企業とかが中心でお互いに株を保有し、「持ちつ持たれつ」の関係にあるから、脱原発が可決されるはずはない。資本主義社会の現実である。個人株主がいくら声を上げても通らない。でも無意味ではない。あらゆる機会を通して訴えていかなければ、日本沈没になりかねない。野田民主党政権までもが、なにもかもかなぐり捨てて「人からコンクリートへ」更に「コンクリートを突き抜けてメルトダウン」内閣になり下がった今、危機感を覚える。そんな中、原発やがれき処理で様々な疑問が浮上してきている。
テーマ : こんなことがありました | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(1) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
県央県南環境組合(クリーンセンター)から「東日本大震災で発生した災害廃棄物に対する組合の対応について」という文書が送付されてきた。送付先はクリーンセンター組合議会「4市・13名の議員で構成(諌早市選出6名、雲仙市3名、島原市3名、南島原市1名)」の議員に送付されたものである。小生も組合議員として選出され、現在は100条委員会の委員でもある。
この文書によると、6月26日管理者(諌早・宮本市長)及び副管理者(雲仙・島原・南島原市長)による政策調整会議が開催され、「別紙」のような声明を発表したとの事。内容は次の通りであるが、事実上「がれき受け入れ断念」である。
テーマ : ブログ日記 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(2) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
『今日は何の日?』と朝から思案する。ひらめいたのが語呂合わせでブログ(26)の日と勝手に決めた。
世間はどうでも構わない。型枠にはまらず、仙人らしくそれらしく生きるのが小生の行き方である。

世間一般では「露天風呂の日」の日だそうだ。岡山県湯原湯原温泉が1987年に制定したとされる。湯原温泉には思い出がある。大山登山と蒜山(ひるぜん)高原の紅葉見学に行った帰りに立ち寄った。大きな川のど真ん中に温泉があった。まるで海水浴のような感じであった。もうかれこれ30年くらい前になるだろうか、大山頂上の山小屋に一泊して、そこで食べたラーメンの味が未だに忘れられない。
テーマ : ブログ日記 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
リサイクル石けん協会全国総会とそれに先立って「福島と水俣をつなぐ集い」が土曜日に開催され、日曜日には水俣市内見学と石けん焚き実技研修が行なわれた。
「福島と水俣をつなぐ集い」では、第一部は福島県・飯館村から来られたお二人からの報告があった。第二部では、原発と水俣病に関わった人々によるパネルディスカッションが行なわれた。帰りは大雨で高速道路が寸断され渋滞に巻き込まれ、干拓堤防道路では排水門が開放され、ものすごい勢いで調整池の水が諌早湾に流れ込んでいた。飯館村の惨状は目を覆うばかりで激しい憤りを禁じえなかった。
テーマ : 2chまとめブログ | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
議会と並行して議会改革の論議も続けられている。これまで定数の削減(34名→30名)、実費弁償の廃止(閉会中の委員会に日当3,000円支給)などが実施されてきた。また、政務調査費の使途基準の変更(会派が発行する議会報告新聞の制限)という改革とはほど遠い改悪も行なわれた。議員の政治活動の自由と市民の知る権利を著しく規制したものだと思っている。
現在は議会改革について、「議会基本条例の制定」に向けて全員協議会で中間報告がなされ、特別委員会の中で引続き議論がされている。その焦点の一つに情報公開がある
テーマ : 2chまとめブログ | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲

プロフィール

多良岳の仙人

Author:多良岳の仙人
昨年還暦を迎えたのを節目として、「第二の人生」をどう生きるのかという課題を背負って、60年の人生を振り返り、これからの自分探しをテーマに四国八十八箇所のお遍路に行った。1400kmを「通し打ち」を敢行し無事38日間で結願した。今夏、高野山奥の院へ参拝。無事満願を果たした。


カテゴリ

リンク

アクセス数

アクセス数:
現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント


月別アーカイブ

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析