Feverfew_01.jpg
5月27日(日曜)
《マトリカリア・花言葉=集う喜び》


 この町で あなたに出逢えて本当によかった ありがとうふるさとの青空よ 友よ君に逢いたい 緑豊かなふるさと 花も鳥も歌うよ 君も 僕も あなたも ここで育った ああ ふるさとは 今もかわらず みんなで声を かけあって 力合わせて 生きてきた 遠い山並み その姿 いつも静かに 見つめてる 


足が凝っている。金曜日に愛宕神社の300段の階段の上り下りのせいだろうと思う。心地よい疲れでもある。昨日は、本日の「YYこども食堂」の将棋教室の問題集作りやスタッフ交流会の資料つくりに追われた。疲れると読書。そんな1日だった。読んだ本は次の本である。
ggking_9784093897570.jpg
《発信されているメッセージ》
明仁天皇の言葉でたどる、日本の戦後70年  衝撃のベストセラー『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』の著者・矢部宏治は、なぜいま、明仁天皇の言葉に注目したのか。
戦後日本最大の矛盾である「沖縄問題」と真正面から向かい合い、その苦闘のなかから「声なき人びとの苦しみに寄り添う」という、象徴天皇のあるべき姿を築きあげていった明仁天皇。その平和への思いと重要なメッセージの数々を、写真家・須田慎太郎の美しい写真とともに紹介します。

サイパン、パラオ、中国、沖縄、広島、長崎、福島・・・。単行本としては空前の海外&国内ロケを敢行!戦後70年がたち、いま日本は大きな曲がり角に立っています。そうした時代のただなかにあって、折にふれて発信される明仁天皇の考え抜かれたメッセージ。その根底にあるのは、「平和国家・日本」への強い思いです。

本書は、天皇という地位ではなく、ひとりの人間としての明仁天皇にスポットライトを当て、大きな苦悩と長い苦闘の中からつむぎだされた、その珠玉の言葉を美しい写真とともに紹介します。
「目次」
①1章 I shall be Emperor ②2章 慰霊の旅・沖縄 ③3章 国民の苦しみと共に ④4章 近隣諸国へのメッセージ ⑤5章 戦争をしない国 ⑥6章 美智子皇后と共に 【付録】世界はなぜ、戦争を止められないのか――国連憲章と集団的自衛権
~戦後日本最大の矛盾である「沖縄問題」と真正面から向かい合い、その苦闘のなかから「声なき人びとの苦しみに寄り添う」という、象徴天皇のあるべき姿を築きあげていった明仁天皇。その平和への思いと重要なメッセージの数々を、写真家・須田慎太郎の美しい写真とともに紹介します~
IMG_3544.jpg
こんなにたくさんの付箋を付けて読んだ。普段、知りえない皇室の情報含めて、天皇の戦争責任を含めて、昭和天皇から引き継いだもの、秘めたる平和への想いが数々語られていた。

I shall be Emperor  普通の日本人だった経験がないので、何になりたいと考えたことは一度もありません。皇室以外の道を選べると思ったことはありません

日本ではどうしても記憶しなければならないことが4つあると思います。終戦記念日と広島と長崎の原爆の日、そして6月23日の沖縄の戦いの終結の日

この両国の関係の永きにわたる歴史において、我が国が中国国民に対し多大の苦難を与えた不幸な一時期がありました。これは私の深く悲しみとするところであります

両国の永く密接な交流の間には、我が国が朝鮮半島の人々に多大の苦難を与えた不幸な一時期がありました。私は先年、このことにつき私の深い悲しみの気持ちを表明いたしましたが、今も変わらぬ気持ちを抱いております。

やはり、強制になるということではないことが望ましいですね。(2004年秋の園遊会で東京都教育委員を務めていた将棋の元名人・米永邦雄氏が「日本中の学校にですね、国旗をあげて国歌を斉唱させるというのが、私の仕事でございます」との発言を受けて)

日本国憲法をこよなく愛し、日本国内のみならず第二次大戦の激戦地を慰問し続けた今上天皇の人となりが紹介してあった。近隣諸国では唯一慰問が実現していない韓国について、やはり「戦後は未だ終わっていない」と思った。それだけ、日本の戦争責任は大きいということだと思う。

日本が進むべき道は、過去を反省し、平和憲法を礎にして、国際貢献をすることだと思う。それが、多大の犠牲を強いた近隣諸国や国内の人々への償いである。これからは、世界中から戦争をなくすために、世界に誇れる平和憲法、とりわり9条の考え方を自ら実践し広めることにあるように思う。「過去に盲目である者は、現在にも未来にも盲目である」。
テーマ : 今日のつぶやき | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
Geranium_01.jpg
5月26日(土曜)
【ゼラニウム・花言葉=真の友情】


 夏が過ぎ 風あざみ誰のあこがれにさまよう 青空に残された 私の心は夏模様  夢が覚め 夜の中永い冬が窓を閉じて呼びかけたままで夢はつまり 想い出のあとさき  夏まつり 宵かがり胸のたかなりにあわせて八月は夢花火私の心は夏模様 

IMG_3530.jpgIMG_3531.jpg























音楽は人々の心を癒してくれる。特に、心や体を病んでいる人々にとっては。
「諫早市精神障害者家族会協会」第13回定期総会の第2部ではオカリナ演奏会が開催され、澄んだ音色に暫し耳を傾けた。ポピュラー音楽から園歌までオカリナとギターとパーカッションのトリオ演奏に癒された。この曲も演奏された曲の一つ♬少年時代♬、演奏したのは高来町在住「オカリナ マルメロ」。

第一部の定期総会では村川障害福祉課長(市長代理)と僕が挨拶をした。引き続き議事に入り経過報告、新年度活動計画などが審議され満場一致承認された。(健康福祉センター)。
IMG_3542.jpg
(⋈◍>◡<◍)。✧♡ 昨日は2つの総会にご案内いただいたので出席しご挨拶をさせていただいた。
テーマ : 今日のつぶやき | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
Ranunculus_01.jpg
5月25日(金曜)
【ラナンキュラス・花言葉=とても魅力的】



 もしも季節が変わったら 愛する人よあの歌を もしも手紙を書いたなら愛する人よ逢いに来て 今日の日を想い出にそっと残しましょう そして心の垣根に花を咲かせましょう もしも涙がこぼれたら愛する人よなぐさめて 
IMG_3521.jpg
(⋈◍>◡<◍)。✧♡ 帰りのアイスクリームがとても美味かった。定番の「あずきバー」。暑かったので少しばて気味だったが生き返った。我が家で一息入れて夜の会議「NPO法人ひまわり」の定期総会に出席した。
IMG_3525.jpg
テーマ : 今日のブログ | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
Heliotrope_01.jpg
5月24日(木曜)
【ヘリオトロープ・花言葉=献身的な愛】


 お前が20歳になったら 酒場で二人で飲みたいものだ ぶっかき氷に焼酎入れて つまみはスルメかエイのひれ お前が20歳になったら 思い出話で 飲みたいものだ したたか飲んでダミ声上げて お前の20歳を祝うのさ いいか男は 生意気ぐらいが丁度いい いいか男は 大きな夢を持て 野風増 野風増 男は夢を持て

「人の振り見て我が振り直せ」。この人たちはどういう生い立ちなんだろうと思う。最高学府、国会議員、いわば「成功者」と言われる人々が、こんなに平気で嘘をつく。良心の呵責でさいなまれることはないのだろうか。おそらく、きちんとした教育や育てられ方をしてきた人々なので、心が痛んでいる人も居るだろう。

諸悪の根源はこの人であることは、これだけ日々国政を停滞させて集中砲火を浴びている安倍総理大臣夫妻であることは間違いないと衆目が一致するところである。「育てられ方」含めてそう思う。
モリカケ問題。こじれにこじれているようにみえるが事の真相は意外と単純なのかもしれない。いわば「安倍騒動」である。モリ・カケともに安倍総理大臣夫妻のお友達なのだ。①森友学園問題「ないゴミを有るように見せかけて8億円も国有地を値引きした」 ②加計理事長の要求を呑んだ。この事実をひた隠しにするものだから、嘘に嘘を重ねてしまう。人事権を絡ませて官僚たちを自在に操る。こんなことだろう。松本清張が生きていたら、どんな推理小説を書いていただろうか。

「騙すより騙される方がまし」。嘘は泥棒の始まりとはよく言ったものだ。
泥棒は泥棒でも、歴史に残る大泥棒“鼠小僧次郎吉と石川五右衛門は「義賊」で、国の権力者からは無法者とされながらも、庶民からは絶大な支持を得ていた。大金持ちから盗んで庶民に金品を恵んだ。モリカケはそん「義」はカケラもない。自分のお友達に分け与えただけである。
テーマ : ブログ日記 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
Foxglove_01.jpg
5月23日(水曜)
【ジギタリス・花言葉=不誠実】



♬ 手を振ってくれて いつも ありがとう気づかってくれて 本当に ありがとう つながってくれて 毎度 ありがとう 強い人 弱い人男の人 女の人目立つ人 地味な人みんな みんな ありがとう Yeah! ありがとう ありがとう 感謝して 


これから、残された人生、そんなに長いと思わない。これまでもそうしてきたのであるが、殊更に「残された人生、自分に正直でありたいと」思う。

昨晩、庭先のホタルが飛び交う姿を見て、映画=ホタル(知覧特攻隊基地の物語)を思い起こし、「前世の人々の魂ではないのか」と思ったりした。一匹のホタルが庭に入り込んできて庭木にとまった。「おふくろさんだ」と思った。僕を見守ってくれているのだろう。安心してか、ものの30秒もすると、何処かへ飛び立った。幻想的な夜だった。


テーマ : こんなことがありました | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲
Fuchsia_01.jpg
5月22日(火曜)
《フクシア・花言葉=信じる愛》




 振り返ると いつも君が笑ってくれた風のようにそっと  まぶしすぎて目を閉じても浮かんでくるよ涙に変ってく  君だけを信じて 君だけを傷つけて 僕らは いつも はるかはるか遠い未来を夢見てたはずさ

午前中はバタバタだった。時系列で振り返る。
4時起床《般若心経と雨にも負けずの読経・愛犬の散歩・ブログの更新・読書》→8時=乗り合いタクシー~県営バスでターミナルまで→9時=友人を病院に見舞う→9時30分=徒歩で出勤・市役所階段を9階議場まで→10時=市議会全員協議会~議会基本条例勉強会~会派代表者会議~議会報告会班会議→正午=アーケードポケットパークへ


「月曜の声」街頭演説会「おかげさまで3周年」
IMG_3512.jpg
「この大ウソつき野郎」と叫びたくなった。まさに嘘つきは泥棒の始まりとして嘘をつくなと口を酸っぱくして親から戒められた。この人の親はどういう教育をしたのだろう?。安倍総理大臣である。「嘘はついていない」と嘘をつく。「嘘というのなら証拠を見せろ」とも・・・。出てきた出てきた愛媛県の備忘録。加計理事長と以前から獣医学部新設について話をしていた。一国の総理大臣ともあろうものが、こう開き直って嘘をつきまくる。まさに前代未聞である。

11時から托鉢ができなかったが、そこは「相棒」の多良見のカマちゃんがギター演奏しながら12時まで頑張ってくれた。僕が12時にアーケードに着いたときはナカヂ時計店主・中路邦男さんと多良見のカマちゃんと社民党応援団の女性と3人だった。
IMG_3505.jpg
中路さんに横断幕を持ってもらって僕たちはチラシ配布。そうこうしていると応援団が続々。僕はマイクを握って街頭演説を始める。この日はもちょうど3周年・144回目の街頭演説会であった。安倍総理総辞職まで闘いを継続させることを道行く人々に伝える。ちょっと力が入り過ぎて13時直前まで街頭演説会。
街頭演説の内容は終盤国会の焦点=高度プロフェッショナル制度、北朝鮮問題、モリ・カケ問題。

📚《読書感想》
352586.jpg
こんな本を読んだ。高度プロフェッショナル制度の行きつく先は裁量労働制という。
現行の労働者保護制度の拠り所となっている労働基準法の枠外となって野放し。1日8時間労働が「絵に描いた餅」になると指摘する。
~特に長時間労働の是正は絵に描いた餅に?「高度プロフェッショナル制度」にくらべ、世間でほとんど知られていない「裁量労働制」の大幅規制緩和が、「働き方改革」の本丸だ。「残業代不払いの最後の砦」となっている同制度について、運用実態をもとに警鐘を鳴らす。法的権利行使のための労働相談対応マニュアル、あなたの働き方を点検するためのチェックシートも掲載~
本の内容は
① 第1章 「働き方改革」と裁量労働制 ② 第2章 裁量労働制とは何か―法的観点から ③ 第3章 裁量労働制の何が問題か? ④ 第4章 裁量労働制の運用と労働組合 ⑤ 第5章 裁量労働制の労働相談対応マニュアル
テーマ : ブログ日記 | ジャンル : ブログ
カテゴリ : 社民党・諫早市議会
コメント(0) |  トラックバック(0)
Pagetop▲

プロフィール

多良岳の仙人

Author:多良岳の仙人
昨年還暦を迎えたのを節目として、「第二の人生」をどう生きるのかという課題を背負って、60年の人生を振り返り、これからの自分探しをテーマに四国八十八箇所のお遍路に行った。1400kmを「通し打ち」を敢行し無事38日間で結願した。今夏、高野山奥の院へ参拝。無事満願を果たした。


カテゴリ

リンク

アクセス数

アクセス数:
現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析